仕事論

体育会系クズの特徴7選!こんな会社は辞めるべきだと帰宅部主将が語る!

正直言って、体育会系の人ってクズが多くない?

ウチの会社は体育会系の人のせいで理不尽な事だらけ。辞めたいとすら思うレベル。。。

体育会系の人は「根性があるから」といった理由で企業から採用されやすいですが、文化系の人から見ればあまりのクズ率の高さに呆れてしまうのではないでしょうか?

“体育会系=従順な犬になりやすい”

というのは言わずもがなですが、それゆえ企業は好んで彼らを採用します。

しかし、体育会系クズが作りあげる組織風土は完全にゴミで、とにかく不条理なことがまかり通ってしまうのは大問題ですよね。

そこで今回は、体育会系クズの問題点&特徴を紹介した上で、冷静にこんな会社辞めた方がいいよ…という企業の特徴を紹介していきます。

<キャリアコラム>

体育会系企業の搾取に不満がある人は、一度自分の市場価値を測定してみましょう。

ミイダス(MIIDAS)というツールを使えば、『あなたの適正年収はズバリ640万円です!』といった具合で、今の自分の値打ちを知る事が出来ます。(無料)

「仮に今会社を辞めたら、自分にいくらの価値があるんだ?」

「もしかして会社に買い叩かれて搾取されていない?」

このような思いがある人は、パンドラの箱を開けてみてください。

▶︎MIIDAS(ミイダス)公式サイト


▶︎ミイダスについて詳しく知りたい方向け!評判や口コミなどを徹底解説

体育会系のクズの典型は日大問題を見れば明白!

体育会系の行きすぎた主従関係として大問題になったのが「日大アメフト部のタックル問題」です。

相手チームのエースにタックルして怪我をさせるように監督が指示を出し、選手がそれに従ってしまったという事件がありましたよね。

体育会系は完全に軍隊ですから、上からの指示は絶対です。

先輩や上司が”やれ”と言えば黙って指示に従う、物事の善悪は関係ありません。

上に従うことが絶対的な正義である、そのように普段から洗脳していくのが体育会系のやり口なのです。

ただ、このやり方をそのまま会社組織に応用しているのが体育会系の企業です。

金融機関や営業系の組織は大体そのパターンで、上からの指示であれば、それがどれほどおかしい事でも絶対に従うように刷り込まれます。

反抗しようものなら全力で詰められますから、恐怖のあまり皆が黙ってひれ伏すという方程式も成り立ち、完全にイカれた企業組織が出来あがっているのが実態です。

合わない人には絶対に合わないですから、ババを引いてしまった事を受け入れるしかありません。

関連:社風が合わない!体育会系の会社や上司が無理で辞めたい時の対処法




体育会系クズの特徴7選!会社を辞めるか本気で悩むレベルの公害思考

体育会系クズの厄介なところは、その“侵食力”です。

正直、非体育会系からすれば、彼らが部活という閉鎖的空間の中でおかしなマインド教育を施され、おかしな宗教活動をしている事はどうでもいい事です。

しかしタチが悪いのは、彼らがそのまま大人になり、やがて会社に侵食してくる事です。

部活で洗脳された価値観がそのまま職場に持ち込まれる事ほど恐ろしいモノはないです。

考えてみてください、オ○ムの信者やア○ウェイの信者が職場にいたらどう思うか。

本質的には全く一緒ですからね。

ここでは、行きすぎた体育会系クズの鉄板の特徴と、こんな風土なら本気で退職を考えたほうがいい!という会社の特徴を解説していきます。

①全ての問題は精神力で解決すると本気で思っている

体育会系クズは「全ての問題は精神力で解決できる」と本気で信じ込んでいます。

「できない原因は心の弱さにある」等の指導を幼少期から受けてきた事がおそらく原因です。

例えば、お酒が飲めない人に対しても、「お酒は精神力」という暴言を平気で吐く傾向にあり、理屈が通用しません。

関連:お酒が飲めないのに営業職で消耗するのは悪手!下戸向けキャリア考察

体育会系クズから言わせてみれば、

営業が出来ない→精神力が足りない

お酒が飲めない→精神力が足りない

風邪を引いてしまう→精神力が足りない

という事になります。

つまり、あらゆる問題は「精神力が足りない」という魔法のフレーズで解決出来てしまい、どんな理不尽な事でも正当化する事を可能にしています。

ただ、基本的にロジックは崩壊しているので、関わらないに越したことはないです。

しかし、会社だとそうはいかないので、やはり会社を辞めるかリアルに悩んでしまうのが厄介な所です。




②典型的な尊王攘夷思考

体育会系クズは典型的な尊皇攘夷派です。

自分が所属する組織のTOP(あるいはそれに準じる権力者)を崇め奉り、外側の人間を排斥しようとする思考を持っています。

ある時は、上司にペコペコ、ゴマスリはお手の物。

しかし会社に反発する人間が現れると攻撃的な姿勢を見せます。

基本的に体育会系クズは帰属意識が極端に強い傾向があり、会社への反発は自己否定同様に捉える傾向もあります。

もともと、洗脳マネジメントの鉄則は「情報を遮断させる事」とよく言われます。

そうする事で内側に意識を強く向けさせ、帰属意識を強めさせ、懐疑心をジワジワ奪い取る事を可能にしています。

いずれその思考は外側の世界を受け付けない「排他主義」へとつながる事が多いです。

(大阪桐蔭の野球部はスマホ持ち込み禁止です。)

③評価軸が質より量。根性・努力・足で稼ぐ等が大好物

体育会系クズはスマートが大っ嫌いです。

それよりも「いかに泥臭く、汗を流して目的を達成出来たのか」が評価軸になります。

同じ結果を得られるのであれば、最小のエネルギーと最短時間で目的を達成させられるやり方の方が優れているのは自明なのに、彼らにそのロジックは一切通用しません。

「若い時は辛い思いをして、泥臭く、汗を流し、足で稼ぐ事が大事なんだ!!」とロジックが完全崩壊していますよね。

この思考のが長時間労働の正当化になり、社会問題化している事を彼らにどう説明してあげたらいいのでしょうか…

マインドコントロールの専門家の人には力を貸していただきたいです。

④基本的に感情論、ロジックが大嫌い

体育会系クズは、感情論が主張の軸です。

ロジックは大っ嫌い。

物事の判断基準は“自分はどう感じるのか”になっていていて、理屈は通用しません。

反社会的勢力と関係があっても、「俺はそれでもいいと思っている。」等の自己の感情により物事の善悪や正誤を決める体育会系クズもいます。

世間を騒がせたボクシングの山根会長はこのパターンでしたよね。

ただ、体育会系クズには、決まってこのタイプが多いです。

しかし、感情論を振りかざす体育会系と議論をする事は、キング・オブ・無駄ですから、トップや上司がこのタイプであれば、やはり退職を考えた方がいいです。

⑤「社会の厳しさ」を語る自分に酔っている。武勇伝化して飲み会で豪語する始末

体育会系クズのクズっぷりが最も発揮されるのは飲み会です。

彼らは、「社会の厳しさ」を語りながら、いかに自分がそれを乗り越えてきたのかを語りながらお酒を飲むのがとにかく大好きなのです。

彼らの中では、「耐える=勲章」という、これまたどう考えても部活動で洗脳されたであろう思考法を武器に、自分語りを始めるのでタチが悪いです。

どうでもいい苦労話を武勇伝化して部下に聞かせる事で、自分の権威を保っているつもりなのか分からないけど、それは完全にオ○ニー。

家でしとけって話です。




⑥価値観の押し売り・押し付けがまあヒドイ。宗教かな?

体育会系クズはある意味「価値観」がはっきりしています。

自分が信じる事を部下や同僚に撒き散らし、布教活動を行う傾向にあります。

彼らは意外と小心者であり、集団的動物なのです。

自分と同じ思考法を持つ人間を自分の周囲に置いておきたいので、ほぼ無意識に“考え方の同意”を求めてくる事も多いです。

「〇〇くんも、そう思うだろ?」等の発言が多い上司は決まってそのパターンなので気を付けておいた方がいいです。

そういえば昔、部活の監督が生徒を叱る時などに、周囲のメンバーに「〇〇(生徒名)もそう思うだろ?」と言っていた事を鮮明に覚えています。

そのやり方で周囲を取り込んで行くんだなー、と冷めた目で僕は見ていましたが…

⑦ブラック労働を内側から支える真の功労者はお前ら体育会系

近年、ブラック企業の問題が明るみになっていますが、ブラック企業が存在してしまう真の理由は、どう考えても体育会系の社員です。

ブラック企業問題となると、どうしても企業の経営者に矛先が向けられますが、本質はそこじゃないです。

だって、どれだけ経営者がオラついても、全社員が従うオペレーションが整うわけないですからね。

必ず内側に、ブラック労働を当たり前と思っている、アホな社員が一定数いるのです。

その正体が体育会系クズって事です。




会社内の体育会系のクズ率は異常に高い

会社勤めをされている方には、「なんでウチの会社って体育会系のクズ率がこんなに高いの?」と疑問に持たれた事がある人も多いと思います。

お酒の席での問題、パワハラ問題、女性問題と社内で起こりうる問題と体育会系の思考は親和性が高いので、これはあなたの会社だけでなく、どの会社でもおおよそ同じ事が言えます。

私自身も前職の生保時代にはこの体育会系のクズ率の高さには驚愕しましたが、転職して日体育会系組織に移った瞬間、全く違う世界が見えましたからね。

体育会系クズがいない会社に転職すると、こうも居心地が良いものか…と思ったものです。

はっきり言いますが、若手社員で体育会系の職場に嫌気がさしているなら、さっさと転職したほうがいいですよ。

第二新卒であれば転職先は選び放題ですし、普通にホワイト企業に転身出来ますからね。

しんどい組織で消耗している人は、リアルに転職を視野に入れる事をオススメします。

関連:新卒で合わないと感じたら第二新卒で転職を考えよう!辞める勇気を持たないと死ぬまで搾取は続く




体育会系クズが多い会社はそれだけで立派な転職理由

それでは最後にまとめとして、僕からのアドバイスです。

はっきり言いますが、>体育会系のクズが多い会社にストレスを感じている人は速攻で辞めるべきです。

体育会系の狂った人は本当にお逝きになっているため、理屈やロジックが通用しないし、長年に渡って思考が洗脳されているため、人が変わる見込みは皆無です。

人生は意外と長いですから、合わない組織で耐え忍ぶなんて馬鹿げてます。

一生修行僧のような人生を送るつもりですか?

合わないと思ったのであれば、ハズレくじを引いてしまったと割り切り、サッサと転職したほうが幸せになれますよ!

転職活動を始める時のポイントですが、とにかくプロの力を借りて、無駄のないスマートな転職活動をすることがポイントです。

具体的には転職エージェントと言われる、あなたと企業をマッチングしてくれるサービスを使い倒せるかどうかが重要になってきます。

転職エージェントは求職者が転職に成功した際に、採用先の企業から一定の報酬を貰う仕組みになっているため、あなたに金銭的負担は一切ありません。

転職活動を考える時は、まず無料の転職エージェントに登録する事をオススメします。

というのも、転職は求人探しから履歴書・職務経歴書の作成など、準備に手間がかかります。

転職エージェントを使えば、書類作成の支援、あなたに合った求人の紹介等、転職を0からサポートしてくれるので、1人で転職をするより、はるかに簡単に転職をする事が出来ます。

オススメの転職エージェントは「リクルートエージェント」です。

・リクルートエージェントの公式ページ

リクルートエージェントは業界でも大手で、他社の転職エージェントには無い独自の非公開求人を多く持っているのが特徴です。

知名度のある転職エージェントであり、非公開求人の数も業界最多、年収や待遇が良い会社の求人を多く持っているのが特徴です。

収入を上げるため、キャリアを磨くため、外資系企業にチャレンジしたいなどの希望はもちろん、

「転職回数が多くてとにかく不安」

「短期離職持ち、無職からの転職で職歴に自信がない」

「もうブラックは嫌。6時のチャイムで帰れる会社がいい」

といった様々なニーズにも、専門のエージェントがしっかり応えてくれます。

転職サイトについてはいつでも登録できますが、ストレスや疲労が限界に達すると登録する気力するすら根こそぎ奪われる事になるので今のうちにチェックしておいてください。

気になる求人をストックしておけば「転職という選択肢」が持てるので、心の安定にもつながりますよ!

『リクルートエージェント』の登録は下記の公式サイトから申し込みが出来ます。

・「リクルートエージェント」公式サイト【3分で登録完了】


3分ぐらいで登録できますし、一回登録して仕舞えばすぐに求人がチェックできるようになります。書類作成もエージェントの力を借りればすぐ終わり、面接までスムーズに進められますよ!

p.s

キャリアについて何か1つでも悩みがあるのなら、一度自分の市場価値を測定してみましょう。

ミイダス(MIIDAS)というツールを使えば、『あなたの適正年収はズバリ640万円です!』といった具合で、今の自分の値打ちを知る事が出来ます。(無料)

「仮に今会社を辞めたら、自分にいくらの価値があるんだ?」

「もしかして会社に買い叩かれて搾取されていない?」

このような思いがある人は、パンドラの箱を開けてみてください。

▶︎MIIDAS(ミイダス)公式サイト



▶︎ミイダスについて詳しく知りたい方向け!評判や口コミなどを徹底解説

ABOUT ME
長尾さん
更新中