公務員

公務員でもFX投資は禁止されていない副業!元国家公務員が徹底解説

・公務員は副業禁止だけどFX投資はやってもいいの?

・公務員でFXをやって処分を受けるリスクはあるの?

・公務員だけどFXで利益が出た時の税金は?確定申告?

いま公務員として勤務されていて、本業の収入の他に少しでも収入を増やしたいと考えている人は多いと思います。その中でも少額の資金で手軽に始められるFXに興味を持たれる方はとても多いです。

しかし、公務員は原則として副業が禁止されている事から、「FX投資をしてもいいの?」と疑問と不安を感じる方が多いです。

結論から言えば、公務員であったとしても法律によってFX投資を禁止される事はありません。正々堂々とFXでお小遣いを稼いでもらって構いません。

今回は、元国家公務員として勤務していた僕が、公務員がFX投資を行うに当たってのポイントを解説していきたいと思います。

この記事で分かること

・公務員がFX投資を行う場合の注意点

・公務員がFX投資を行った際の税金関係の処理の方法

・公務員がFX投資を行っている事を職場にバレないための注意点

・公務員にオススメのFX証券会社

それでは解説していきます。

<FX投資はDMMFXがオススメ>


公務員は原則副業が禁止されています!

 

 

まず大前提ですが、公務員(地方公務員含む)は法律によって副業を行う事は原則禁止されています。

国家公務員の場合は「国家公務員法103条」

職員は、商業、工業又は金融業その他営利を目的とする私企業(以下営利企業という。)を営むことを目的とする会社その他の団体の役員、顧問若しくは評議員の職を兼ね、又は自ら営利企業を営んではならない。

地方公務員の場合は「地方公務員法第38条」

職員は、任命権者の許可を受けなければ、商業、工業又は金融業その他営利を目的とする私企業(以下この項及び次条第一項において「営利企業」という。)を営むことを目的とする会社その他の団体の役員その他人事委員会規則(人事委員会を置かない地方公共団体においては、地方公共団体の規則)で定める地位を兼ね、若しくは自ら営利企業を営み、又は報酬を得ていかなる事業若しくは事務にも従事してはならない。

 

上記2つが直接的に副業を禁止する根拠条文になりますが、その他にも下記の3つの原則によって、間接的にも公務員が副業を行う事を認めない趣旨の法律が定められています。

①信用失墜行為の禁止(国公法第99条)

②守秘義務(国公法第100条)

③職務専念の義務(国公法第101条)

このように公務員が本業とは別の事業を営む事で、公務員に対する信頼が失墜する可能性や、公務員内部の情報が外部に漏れる危険性、本業がおろそかになる可能性という観点からも、公務員は原則副業ができません。

これらに違反した場合は懲戒処分の対象になり、「①減給処分・②停職処分・③懲戒解雇」といった重たい処分が課されてしまいます。

公務員は減点主義の評価体制のため、これらのバツが1回でもついてしまうと出世は絶望的になってしまうため、懲戒解雇処分にならなくても、自主的に退職するという職員も過去の事例ではよくありました。

公務員でもFX投資は禁止されていない副業!

 

 

先述した通り公務員は“原則”副業を行う事は法律によって制限されていますが、FX投資に関してはOKです。厳密に言うと、上記で禁止されている副業には該当しないというのが正確な表現となります。

公務員にFX投資が認められている理由としては、FX投資は副業ではなく「資産運用」の1種として捉えられているからです。

FX投資とはそもそも、円と外貨を交換する交換行為そのものを指します。例えばあなたが海外旅行に行く時に空港で手持ちの円を旅行先の通貨に交換したりしますよね?その交換行為がFXのようなものです。

FX投資の場合は少額の資金でレバレッジを効かせて、より多くの外貨に交換する事で、為替レートの差が開いた時に利ざや(あるいは損失)が生じさせますが、海外旅行に行く時の両替だって、実は交換した時のレートによっては儲けになっていたり損になったりしています。

その他にも生命保険に加入している公務員も多いと思いますが、生命保険会社によっては、あなたから預かった日本円を海外の通貨で運用したりもしていますし、そもそも銀行預金を外貨預金に切り替えている人もいますよね。

つまり、資産を円で保有するのか、それとも外貨で保有するのかは完全に個人の自由であり、その結果利益が生じたとしても、それは副業には該当しないという事になります。

その証拠にFX投資以外にも、下記のような資産運用も公務員には認められています。

①株式投資・国債投資・外債投資

②投資信託

③先物取引

④不動産投資(事業的規模にならない範囲)

これらに共通するのは、手持ちの資産である円を何かしら別の資産に移し換える行為でしかなく、ビジネスではないため、副業に該当しないものとして公務員にも許可されています。公務員になると最初の研修等で習います。

懲戒免職?公務員で職務中にFX投資をしていることがバレて処分された事例あり?

 

 

公務員でFX投資をしていたことで、何か懲戒処分を受けた事例があるのか?と心配される人がいますが、そのような事例はありません。

実際に公務員でFXをやっている人というのは、「やっていても言わない。」という人が多いため、基本的にFXをしていること自体があまり明るみに出にくいのですが、そもそも何一つ違反ではないため、処分事例というのはありません。

毎年のようにバイトの副業は出現しますが、投資系の副業で懲戒になる事例というのはほぼありません。(過去にあったのは、宝塚市の伝説の不動産投資家で年商8,000万稼いだ事例ぐらいです。もはや真似したくてもできるレベルではないですね。笑)

公務員がFX投資を行う場合の注意点!

 

 

公務員であってもFX投資を行うこと自体には何一つ問題はありませんが、下記の点には注意が必要です。

・職務中のFX投資は厳禁

・利益が出た場合の脱税は犯罪

FX投資は外貨という世界の通貨を取り扱うことができる性質から、土日以外なら24時間いつでも投資を行うことが可能です。

そのため、職務中であってもスマホのアプリを起動させれば簡単にチャートを開いて売買することができてしまいますが、仕事中にFX投資をするのはさすがにアウトです。これは「職務専念の義務(国公法第101条)」にモロ該当してしまいます。

それ以外にも、職場のパソコンはネット環境が整っているので、仕事で使うパソコンでFX投資も出来てしまいますが、これは絶対に辞めましょう。今はほとんどの職場でネットの検索履歴も残ってしまうので(消しても無駄。)、調べられたら100%バレます。

また、FX投資で利益が出た場合は、後述しますが確定申告をして、きっちりと納税をしなければいけないケースがあります。仮に確定申告をせず、後に税務署から指摘が入れば、脱税とみなされ、最悪の場合は刑事責任を問われるので、公務員の内側での処分とは比べものにならない処罰を受けなくてはなりません。

公務員でFX投資をして利益が出た時の税金や確定申告は?

 

 

公務員であるないに関わらず、稼いだら納税するというのは国民の義務であり、FX投資における収益に関しても例外ではありません。

FX投資に係る税金としては、雑所得の中でも「先物取引に係る雑所得等」という所得区分に該当し、申告分離課税で20.315%(所得税+住民税+復興特別所得税)の税金が発生します。

ただし、FX投資に関して確定申告が必要になる場合は「FX投資における利益が20万円以上の場合」に限定されます。(12月末の段階で決済完了して利益確定したものだけ。含み益は合算しない。)

つまり、FX投資で利益が20万円以上出たら確定申告をしなければいけないという風に理解しておいてください。また、ここでいう所の“利益”とはトータルのプラス収益という意味ですので、勝ち負けを合算して最終的にどれだけ儲けがあったのかという意味になります。

そして、FX投資を行うにあたって必要になった経費(電気代の一部や勉強のための書籍購入代)は、利益から差し引くことができるので、確定申告の際に経費から差し引けるように領収書クレジットカード明細などをちゃんととっておいてください。確定申告の段階では提出不要ですが、後から税務署の調査が入ったら、証拠書類を求められる可能性があります。

また、FX投資で損失が出た場合ですが、この場合も面倒でなければ確定申告をすることをオススメします。「損益通算」と言って、前年にマイナス20万円、今年プラス60万円であった場合、今年の利益として形状するのは40万円とすることが出来ます。損益通算をしたい場合は、前年に確定申告をしていることが条件になります。

公務員でFXをしている人は住民税で職場にばれる?

 

 

FX投資が公務員に認められている投資であったとしても、職場の人に自分がFX投資をしていることを知られたくない!という公務員の方は少なくないと思います。

「FX投資で利益が出て確定申告したら、税金関連で職場にバレるのでは?」と心配する方のために、職場にバレないための注意点を解説します。

まず、公務員の方でFX投資をしていてバレる可能性があるとすれば以下の3つの場合です。

①自分でFX投資をしていることを言いふらす

②スマホを覗き見されて、FXで使う証券会社のアプリを見られる

③住民税の金額により、人事課給与係に疑われる

この場合最も厄介なのは「③住民税の金額により、人事課給与係に疑われる」です。①と②は本人の注意の問題ですが、税金面だけは本人の問題ではないからです。

FX投資で利益が出れば、当然給料で稼いでいるお金に対して発生する税金よりも多くの税金を支払わなければならないですが、厄介なのは「住民税」です。

所得税に関しては、FX投資で稼いだ利益に対して発生する税金は確定申告を行うタイミングで自分で納税するのでいいのですが、住民税は前年の所得に対して6月以降から会社の給料から天引きして支払うことになっているため、給与係の職員が「〇〇さんだけなんでこんなに住民税が多いの?」と疑問を持たれます。

しかし、これは回避することが出来ます。ポイントは下記の通りです。

・確定申告をするときの書面に住民税の徴収方法は「自分で納付」を選択する(普通徴収)

こうすることで、FX投資の利益に対して発生する住民税分については、給料に対して発生する住民税とは区別され、職場にバレることはありません。6月以降に自宅に市役所から封筒が届き、そこに納税書が入っていますので、コンビニ等で支払えば職場にはバレません。

この点だけは確定申告をされる時に間違えのないようにしてください。

公務員に一番向いている副業こそFX投資!

 

 

ここからは元公務員としての意見ですが、公務員として仕事を続けていかれる方なら、FX投資以上に最適な副業はありません。

公務員はその職務の性質から民間人と違って制約を受けやすく、本業以外で収入を得たくても得られません。しかし、資産運用として認められているFXは、明らかにどのビジネスよりも稼げる副業です。

僕なりに考えた公務員だからこそFX投資をやった方がいい理由は下記の通りです!

少額の資金からでも投資ができる
⇒若手でお金がない係員職員には最適

仕事が終わった後でもFX投資は可能
⇒FXは24時間取引ができるので、仕事が終わった後でもOK

③公務員の給料は安すぎ
⇒正直何か足しがないと毎月カツカツ

投資の勉強のスタートには持ってこい!
⇒退職金をもらった後の老後の資産運用の勉強にもなる

公務員の給料は本当に安いですよね。僕も毎月給料明細を見て愕然としていたことを覚えています。「あと3万円でもあると全然違うのに!」と毎月思っていました。

FX投資であれば、10万円以下の資金からでもスタートさせることができ、リスク管理さえきっちりやっておけば大きなお金を失うこともないので、少しづつ練習して資金を増やしていくには実は一番堅実な投資です。

「来年こそはちょっと贅沢して海外旅行!」と思う人はその足しにしてもいいですし、「子供のために使いたい!」という使い方もいいですよね!やっぱり本業だけの稼ぎではちょっと財布が寒すぎるので、何かしら少しでも足しになるような事をしたいですよね!

公務員におすすめのFX証券会社ランキング!

 

 

それでは最後に、公務員の方にオススメのFX証券会社を紹介します。

僕が現役公務員の時に使っていて、今も使いやすいと思っている証券会社をランキング形式で紹介しますね。もちろんどの会社も口座開設は無料でできますので、とりあえず作っておくだけ!という人もOKです。

口座開設をして取引をするだけで、キャッシュバックが受け取れるのも何よりの魅力なので、投資を始めるきっかけにしてみてください!

ランキング1位
最もオススメなのが「DMM.com証券」です。業界でも最も口座開設している人が多く、王道の証券会社です。業界最狭水準のスプレッドもメリットの1つで、低コストで取引を行う事が可能です。まだFXを始めた事がない!という人はLINEサポートでチャット形式で質問できる所も親切です。迷ったら「DMM.FX」でFXを始めてみてください!
総合評価
取引コスト ドル円で「0.3銭(原則固定)」
通貨ペア数 20通貨ペア
ポイント ・業界最狭水準のスプレッド
・FX口座数 国内第1位の実績

公式ページ

ランキング2位
“スワップポイント(つまり外貨の利息)”で選ぶのであれば、「GMOクリック証券」1択です。デイトレードのような短期投資だけでなく、中長期の投資を行いたいのであれば開設しておきましょう!第1位のDMMと同じぐらいオススメできる証券会社です。
総合評価
取引コスト ドル円で「0.3銭(原則固定)」
通貨ペア数 19通貨ペア
ポイント ・取引ツールの使いやすさ第1位
・スワップポイントが高い

公式ページ

ランキング3位
「外為ジャパン」の最大のメリットは1,000通貨からの少額取引に対応している点。1円動いてもプラスマイナス1000円なので、リスクを最小限に抑えたい人や、デモトレードではなく少額でもいいからお金を動かしてみたい人向けです。DMMグループなので、信頼性も抜群です。
総合評価
取引コスト ドル円で「0.3銭(原則固定)」
通貨ペア数 20通貨ペア
ポイント 少額取引が可能なFX会社
(1000通貨からOK)

公式ページ

ABOUT ME
長尾さん
割と頭はいいけど、社会不適合な人に「もっと好きに生きていいよ。」というメッセージを届けるメディア。①ブログ運営、②資産運用、③働き方について発信中。 新卒で入社した生保を即退職し、国家公務員に転職するも「会社勤め無理」と悟りの境地に達し起業。PCに文字を入力するお仕事でPC10台分ぐらいは稼げてます。勤務地は地球です。※協調性はありません。