公務員

公務員でも株式投資は禁止されていない副業!元国家公務員が徹底解説

・公務員は副業禁止だけど株式投資はやってもいいの?

・公務員が株式投資をした時の税金や確定申告ってどうするの?

・公務員だけど株式投資をしたほうがいいの?

公務員として勤務されている方の中には、公務員在職中に株式投資を行うことが副業禁止に該当しないのか?と不安に思われる方もいらっしゃいます。

しかし、結論から言えば公務員でも株式投資を行うことは認められており、禁止されている副業には該当しませんので安心してください。

今回は公務員が株式投資を行う際の注意点や税金面、公務員こそ投資を行うべきだと考える理由について、元国家公務員かつファイナンシャルプランナーの資格を持つ僕が徹底解説していきます。

この記事で分かること

・副業禁止の公務員でも株式投資を行ってもいい理由

・公務員が株式投資を行う際の注意点

・公務員が株式投資で利益を出した際の税金・確定申告の手続き

・公務員が株式投資をしている事は職場にバレる?

・公務員は株式投資よりFX投資を行うべきだと考える理由

それでは解説していきます。

<実は株よりFX投資がオススメ!>


目次

公務員でも株式投資はできる副業!資産運用の一種なので禁止されません!

 

 

冒頭でもお伝えした通り、公務員が株式投資を行うことは禁止されていません。一般的に公務員は副業禁止とされていますが、株式投資は禁止されている副業には該当しないため、一切違法でもありません。完全に合法です。また、自由に株式投資を行うことが認められており、特段「届出」のようなものを提出する義務もありません。

公務員が株式投資を行ってもいいとされる理由は、資産運用は副業とはみなされないからです。

例えば身近な例で言えば銀行の定期預金でも利息を受け取っているわけなので、それも副収入ということになりますが、これは資産運用の結果発生した収益なので、事業や労働から得られる利益とは全く別物と考えられています。

この観点から、公務員であっても資産運用は認められており、株式投資以外にも下記のような投資も公務員には認められています。

・投資信託の購入

・国債・外債の購入

・FX投資

・不動産投資(事業的規模にならない範囲で。)

公務員といえど、収益が生まれる一切の行為が副業として禁止されているというわけではなく、あくまで本業以外の労働をしたり、自ら事業を営む行為を禁止されているという意味です。

公務員が行う株式投資はいくらまで?上限はあるの?

 

 

公務員でも株式投資を行っていいことは分かったけれど、「さすがに株式投資を行える上限があるのでは?」と疑問を持たれる方がいらっしゃいます。

しかし、上限等は一切ありません。

繰り返しになりますが、資産運用は各人の自由です。自分の資産を全部日本円で保有するのか、一部を株で持つのか、全部株で持つのかは本人の自己責任のもと、完全に自由です。

全部株式で保有して、その株が大化けしてミリオネアになったところで、なんら罰則を受ける筋合いはありません。

この資産としての上限が課せられているのは不動産投資だけで、公務員は不動産投資を行ってもいいですが、事業的規模にならないようにという決まりがあります。これは、不動産は管理も大変なので、あまりに保有しすぎると本業がおろそかになってしまうことや、それ自体が事業的性質を帯びるからです。

株式は特段メンテナンス等も不要ですので、投資金額が大きくなること自体に一切問題はありません。レバレッジを効かせて信用取引をしたっていいです。

公務員が株式投資を行う際の注意点!勤務中はさすがにNG!休憩時間は?

 

 

公務員が株式投資をすることはなんの問題もありませんが、下記の2つのポイントには注意が必要です。

①職務専念義務違反にならない範囲での取引をする

②インサイダー取引に該当しないように注意

①職務専念義務違反にならない範囲での取引をする

 

株式投資を行うこと自体問題はありませんが、必ず“職務専念義務違反”にならない範囲で株取引を行ってください。

例えば、業務中にスマホでポチポチしたり、職場のパソコンから証券会社にログインして取引を行うといった行為は、それ自体が罰せられます。仕事をサボっていると見なされるような取引はしないようにしてください。

昼休みの休憩時間は?という疑問もありますが、ここはグレーゾーンです。指値注文を出しておいて、仕事中に約定するというレベルがダメなのか?と言われると難しいところであるので、ここは自己責任でお願いします。(基本お昼時間は相場が休みなので、成行注文はできないです。)

②インサイダー取引に該当しないように注意

 

公務員であるないに関わらず、社会人としてのコンプライアンスの問題ですが、インサイダー取引に該当するような株式の売買は禁止されています。

職務を通じて知りえた情報を使って株式を購入することは犯罪行為に該当します。

公務員が株式投資で利益が出た時の税金!確定申告が必要な場合アリ

 

 

公務員が株式投資を行うにあたって、気をつけておかなければいけない事は税金関係の処理です。

株式投資によって利益が出た場合は、売買差益に対しては「譲渡所得」、配当金に対しては「配当所得」として、それぞれ20.315%(所得税+住民税+復興所得税)の税率で税金が課せられます。

場合によっては確定申告をする必要がありますので、ポイントを整理しておきます。

20万円以上の儲け(売買差益・配当収入)が出れば確定申告が必要

 

まず、株式投資に関わらずですが、確定申告のルールとして、「年収2,000万円以下の会社員が本業以外で20万円以上の所得をえた場合は確定申告が必要」という決まりがあります。

つまり、公務員であったとしても、株式投資で20万円以上の利益が出た場合は、原則として確定申告の義務が生じるとご理解ください。

特定口座(源泉徴収あり)を選択しておけば確定申告不要に!

 

しかし、実際に会社員や公務員が株式投資を行った際に確定申告を行う事はかなり手間である事から、証券会社があなたに変わって税金を収めてくれる仕組みがあります。

それが「特定口座(源泉徴収あり)」という口座の種類で、この口座を選択して証券口座を開設しておけば、20万円以上の利益が出たとしても自ら確定申告をする必要がありません。

この口座のイメージとしては、例えば30万円の利益が投資で出たときに、実際に自分の口座に入金される金額は約20%の税金である6万円を差し引いた24万円となる!というような感じです。その6万円分を証券会社があなたに代わって納税してくれているので、特段あなたが確定申告する必要はありません。

税金関係の手続きがめんどくさい!確定申告を自分でやるのが手間!という方は、「特定口座(源泉徴収あり)」という口座を選択して開設してください。(どこの証券会社でもちゃんと用意されています。)

確定申告のポイント!経費計上出来るものは経費として申告しよう!

 

特定口座(源泉徴収あり)を選択しておけば、自ら確定申告をする必要がないというメリットもありますが、実は自分で確定申告をしない事のデメリットもあります。

それは「経費計上ができない」という事です。

株式投資を行う場合、例えば株の勉強をするためにを買ったり、セミナーに行ったりと費用をかけている人もいます。その際に発生した費用ですが、経費として算入する事が認められており、株式投資で生じた利益から経費を差し引いて最終的な利益を算出する事ができます。

こうする事で納税額を減らす節税効果があるため、あえて自分で確定申告を行う人もいます。証券会社に丸投げするか、手間をかけて自分で確定申告する代わりに納税額を減らすかの判断はご自身でしっかりしていきましょう。

公務員が株式投資をしている事はバレる?住民税に注意!

 

 

公務員の方の中には、株式投資をやっていることを職場の人に知られたくない!という方も多いと思います。周りの人に株式投資をしている事はバレないの?という不安を持っている方も少なくありません。

ですが、安心してください。基本的に株式投資をしている事が職場にバレる事はありません。ただし、以下のようなケースにだけは注意してください。

①うっかり自分で株式投資をしている事をバラす。

②スマホを覗き見されて、アプリなどからバレる。

③住民税の関係で給与係にバレる。

①と②は本人の注意力の問題ですが、知っておかないとマズイのが「③住民税の関係で給与係にバレる。」です。

先述した「特定口座(源泉徴収あり)」を選択している場合であれば、証券会社が所得税も住民税もあなたに代わって納税してくれているので問題ありませんが、注意が必要なのは自分で確定申告した場合です。

所得税に関しては、株式投資で稼いだ利益に対して発生する税金は確定申告を行うタイミングで自分で納税するのでいいのですが、住民税は前年の所得に対して6月以降から会社の給料から天引きして支払うことになっているため、給与係の職員が「〇〇さんだけなんでこんなに住民税が多いの?」と疑問を持たれます。

しかし、これは回避することが出来ます。ポイントは下記の通りです。

・確定申告をするときの書面に住民税の徴収方法は「自分で納付」を選択する(普通徴収)

こうすることで、株式投資の利益に対して発生する住民税分については、給料に対して発生する住民税とは区別され、職場にバレることはありません。6月以降に自宅に市役所から封筒が届き、そこに納税書が入っていますので、コンビニ等で支払えば職場にはバレません。

この点だけは確定申告をされる時に間違えのないようにしてください。ただ、最もアンパイを取るのなら、やはり「特定口座(源泉徴収あり)」を選択して、確定申告せずに済む状態をおすすめします。

公務員が株式投資で税金を減らしたいならNISA・積立NISAも考えよう!

 

 

公務員が株式投資を行う際の税金面に関してもう一点補足しておきます。

税金を出来るだけ減らしていきたいのであれば、NISAや積立NISA「非課税口座」を使って投資を始めてみる事も考慮してください。運用益に関して税金がかからない口座であるため、かなりお得です。

ただしNISAを扱う場合ですが、特に積立NISAなどはどの投資商品を選択したらいいのか?などの判断が初心者にはかなり難しいところもあり、実は中級者向けの制度となっている点は注意が必要です。

できれば、通常の株の口座でまずは経験を積むか、ロボアドの自動運用からはじめてみて、投資の感覚を養ってから導入する事をおすすめします。

公務員は株式投資が意外と向いている!?

 

 

公務員の方で、株式投資を始めてみたい!と少しでも考えている方は、その気持ちを大事にして、ぜひ株式投資を始めてみてください!

実は公務員だからこそ株式投資を行う事のメリットも多くあると思います。

安定した収入があるため長期投資がしやすい!

 

公務員であれば、毎月の給料も安定しているため、「毎月いくらは投資に回す!」という投資計画が非常に立てやすいです。株式投資は長期投資に向いているので、将来が予測しやすい公務員との親和性が実は高いのが特徴です。

収入は安定しているものの安月給!自分で増やす努力をしないとヤバい

 

公務員の収入は確かに安定はしていますが、文字どおり「安く定められて」います。泣

いよいよ公務員といえども安月給に対抗するために、自分の力で資産を増やしていく努力を余儀なくされているのは事実ですよね。副業が原則禁止の公務員であれば、もう投資のスキルを身につける以外に資産を増やす事は出来ないので、むしろ株式投資は全員にとってマストな流れにすらなっています。

退職金の資産運用の仕方を在職中に学ぶには良い機会

 

公務員のいいところはちゃんと退職金がもらえるところです。しかし、大きなお金を受け取った時に試されるのはやはり運用スキルで、おめおめと資産を眠らせておくのでは宝の持ちぐされになりますよね。だからこそ、現役時代に投資のスキルを身につけて、退職金をちゃんと運用できるぐらいのスキルは最低限習得しておくべきです。

そのための入門がまさに株式投資です。

時間が確保しやすい公務員はしっかり勉強する事ができる

 

実際のところ、公務員は休みもしっかりとれて、ある程度時間的な余裕があります。空いた時間は自己投資として投資の勉強をするにはもってこいですよね。株の勉強を始める意味でも、まずは少額でもいいので投資をはじめてみる事は大きな第一歩です。

注意点!最初に投資を始めるなら株式投資よりもFX投資の方が実はおすすめ!

 

 

ここまで、株式投資の話ばかりをしてきましたが、もしあなたが完全に投資初心者で、何か投資を始めてみたい!と考えているのであれば、個人的には株式投資よりもFX投資をおすすめします。

理由は下記の3点。

①株はある程度の元手(最低でも20万程度)が必要

②株は勤務時間中しか取引できない

③銘柄が多すぎて悩む事が多い

ちょっと解説します。

①株はある程度の元手(最低でも20万程度)が必要

 

株式投資ですが、信用取引を行わない限り、現物株を購入するのであれば、ある程度まとまった資金が必要です。最小の単位で注文をするとしても、1つの企業の銘柄を購入する際には20万程度が必要で、分散投資をしたいなら100万円以上の資金を必要とする場合があります。

一方FX投資であれば、最低5万円程度の入金で取引自体は可能であるため、ハードルが低いです。売買の注文のやり方を覚えたり、チャートの見方から練習する初心者にとっては、FXの方が実は取り掛かりやすいです。

②株は勤務時間中しか取引できない

 

日本株を取引する場合ですが、取引時間は9:00〜15:00のまさに公務員であれば勤務中の時間です。つまり、基本的に職務中であるため株取引をする事はできません。

長期投資という事に限定して、買って放置しておくというのはいいですが、気になって仕事中チラチラ携帯見ちゃうリスクもあるので、個人的には初心者が株を長期で持つ事はおすすめできません。

一方FX投資は24時間取引が可能であるため、仕事が終わってから夜にトレードする事ができるため、非常にサラリーマン向けの投資と言えます。

③銘柄が多すぎて悩む事が多い

 

株式投資が初心者に向かない理由としては、株の銘柄が多すぎてどれを買っていいかよく分からないというデメリットがあります。よくある失敗事例としては、自分が知っている企業の株や好きなメーカーの株を根拠なく購入して暴落するというケースです。

一方FXは通貨ペアも20通貨程度と絞られており、メインの「ドル円」に絞ってやるという事もできるため、かなり初心者には優しいです。

公務員にオススメ!株式投資を始めるための証券口座

 

 

それでは最後にこれから株式投資を始めようという方向けに、公務員におすすめの証券口座のランキングを解説します。

証券口座を開設して取引をするとキャッシュバックやポイントバックがもらえるお得なキャンペーンもあるので、投資をスタートする際のきっかけにしてみてください。もちろん口座開設は無料でできます。

ランキング1位
楽天証券
圧倒的第1位は「楽天証券」です。楽天証券の最大の魅力は楽天カード等で貯めた楽天ポイントを使って投資商品を購入できる事です。楽天カードを作ればポイントが貰え、さらにそのポイントで投資を始めるという裏技もかなり人気です!また楽天カードで投資信託を購入して1%の楽天ポイントを獲得出来るという神制度もスタート!
項目名
手数料 〜20万円:113円
NISA口座 手数料無料
ポイント 楽天カードや楽天市場で貯めたポイントで投資が出来る!
楽天カードで投資信託を購入して楽天ポイントをためる事も可能!

公式ページ

ランキング2位
ランキング第2位は「DMM株」です。DMMグループはFXの証券口座では圧倒的1位の証券口座ですが、満を持して株式口座にも参入!DMM株の最もオススメなのが、取引手数料が業界最安値である事です。取引コスト重視の方にはオススメです。
項目名
手数料 〜20万円:97円
NISA口座 手数料無料
ポイント とにかく手数料が安いのがポイント!
取引コストを最小限に抑えたい人にオススメです。

公式ページ

ランキング3位
ランキング第3位は「マネックス証券」です。マネックス証券が向いている人は、国内株だけでなく米国株の投資を考えている方です。米国株の取り扱いのラインナップが豊富なところがメリットの1つです。
項目名
手数料 ~20万円:194円
NISA口座 手数料無料
ポイント 米国株の取り扱いが多く、中級者には嬉しい口座。

公式ページ

ABOUT ME
長尾さん
割と頭はいいけど、社会不適合な人に「もっと好きに生きていいよ。」というメッセージを届けるメディア。①ブログ運営、②資産運用、③働き方について発信中。 新卒で入社した生保を即退職し、国家公務員に転職するも「会社勤め無理」と悟りの境地に達し起業。PCに文字を入力するお仕事でPC10台分ぐらいは稼げてます。勤務地は地球です。※協調性はありません。