公務員

公務員におすすめの資産運用の方法!堂々できる副業を元公務員が解説

・公務員におすすめの資産運用の方法って何?

・公務員だけど老後が不安!資産運用を始めた方がいいの?

公務員として今お勤めの方の中には、将来の不安を感じる人も少なくありません。老後のために資産形成を堅実にしておきたい!と考える人の中には「どうやって資産運用をするのがベスト?」と疑問に思われる方も多いと思います。

そこで今回は元国家公務員として勤務したあと、資産運用とブログで独立した経験を持つ僕が、特に公務員の方に向けておすすめの資産運用方法を伝授します。

この記事で分かること

・公務員におすすめの資産運用の方法

・公務員が資産運用する際の注意点

・投資初心者の公務員が資産運用を始める時のポイント

それでは解説していきます。

<FX投資はDMMFXがオススメ>


公務員の資産運用は禁止されていない!厳密には副業とは違います!

 

 

まず大前提ですが、公務員は副業を行う事が法律によって禁止されています。

そこで公務員の方の中には「資産運用も副業に該当するのではないのか?」と疑問に思われる方もいますが、安心してください。公務員が資産運用を行う事は何も問題はありません。

厳密に言うと資産運用というのは実は誰でもしていて、例えば資産を円で持つのだって立派な資産運用の1つです。さらにその円を生命保険に変えて運用したり、家を購入して固定資産として保有するのだって資産運用です。

つまり資産運用というのは生活の一部に密接に関係しているモノであるため、そもそも禁止する事が出来ないんですよね。それに、自分の資産を株で持とうがドルで持とうが、円で持とうがそれは完全に自由なのです。

ゆえに資産運用を副業と定義して禁止するというのは、さすがの公務員であっても出来ません。なので安心して資産運用をスタートしてください。

公務員ができる資産運用は大きく分けて全部で3種類

 

 

公務員が行う事が出来る資産運用ですが、大きく分けると以下の3つに区分されます。

 

①株式投資(投資信託等を含む)

②FX(外国為替証拠金取引)

③不動産投資

 

厳密には先物投資や国債運用、仮想通貨投資もありますが、ここでは割愛します。

①株式投資(投資信託等を含む)

 

資産運用と聞けば一番最初にイメージされるのが「株式投資」ではないでしょうか?

公務員も株式投資をやっているという人は実は結構多いです。(オープンにしていないだけで、実は株式投資をやっていました!という公務員って結構多いと思います。)

株式投資に似た資産運用としては「投資信託」がありますが、これも株式投資にかなり類似するものだと考えてもらって構いません。投資信託というのは要するに複数の会社の株を組み合わせてポートフォリオが組まれている商品の事ですので。

この投資信託を積立式で運用していくのが近年話題を集めている「積立NISA」というものです。(積立NISAは扱って良い投資信託が限定されていますが、その代わりに運用益が20年間非課税になるというメリットがあります。)

投資信託は種類がかなり豊富で、日本株だけを専門家がチョイスして集めた投資信託や、米国株だけで構成されている投資信託、あるいは先進国のいくつかの国を混ぜて構成されている投資信託など幅広いラインナップがある事がその特徴です。

②FX(外国為替証拠金取引)

 

2つ目の資産運用方法としては、「FX(外国為替証拠金取引)」があります。

これは株ではなく“為替”を取り扱う資産運用の1つです。イメージとしては、ドルを買ったり、ユーロを買ったりと、他国通貨を購入していく資産運用です。

為替レートは常に変化しており、円よりドルの方が価値が高い時は出来るだけ手持ち資産を円ではなくドルで持っておいた方がお得なので、その時はドルを購入するというイメージです。

株式では配当金という報酬がありますが、外貨運用の場合は「スワップポイント」という形で通貨そのものに利息がつきます。オーストラリアドルやニュージランドドルなどは日本円よりも高金利な通貨であるため、資産の一部を移し替えて外貨預金として運用される個人投資家も多いです。

③不動産投資

 

最後に公務員が行える資産運用ですが「不動産投資」があります。

ただし、これは注意点が必要で、「事業的規模を超えない範囲で」という条件付きでしか不動産投資を行う事は認められていません。そのデッドラインを超えると、副業としてみなされて懲戒処分の対象になる恐れがあるので注意が必要になります。

実際に宝塚市役所の職員でマンションを複数保有し、8000万円以上稼いだ事がバレて懲戒処分の対象になった事例もありました。

公務員として認められている不動産投資の範囲は下記の通りです。

・5棟10室未満

・年間の賃料収入500万円未満

これらを超える不動産投資を行う場合は、許可が必要になります。(申請したからといって許可されるかどうかは分かりません。)

逆に言えば上記の範囲内であれば許可なく不動産投資を行っても構わないと言うことになります。

公務員に最もオススメな資産運用は株式・不動産投資よりもFX投資!

 

 

上記で紹介した3つの資産運用方法ですが、この中で最もおすすめなのは「FX投資」です。正確に言うと、投資未経験者であれば間違えなく最初に始めるのであればFX投資1択であるという事です。

理由は以下の通りです。

①不動産投資は敷居が高く、元手も必要で初心者には全く向かない

②株式相場が動く時間は「9:00〜15:00」とモロ勤務中

③株は銘柄が多すぎて初心者では決めきれない

不動産投資から始める方は少ないと思いますが、株式投資から資産運用を始めようと考えている人は以外と多いと思います。しかし、元公務員のアドバイスですが、株式投資から始める人は大概投資に失敗します。

そもそも株式市場の営業時間は「9:00〜15:00」勤務時間と被っており、まともに株価をチェックする事が出来ません。職務中にスマホでチラチラ見る人も多分いるでしょうが、仕事しながら株で儲ける事はそんな簡単な事ではありませんし、そもそも職務専念義務違反に該当する恐れもあります。

また、株式投資と言うのは、数ある企業の中から投資銘柄を選定しなければばりませんが、初心者が有望株を見極める目を最初から持っていると言うのはまず考えられません。おそらく資産運用を始める前にクリアしなければ多すぎて挫折するか、自分の知っている企業の株を根拠なしに購入して大損と言うのがお決まりのパターンです。

FXなら通貨ペアは20個程度しかない!迷ったら「ドル円」一択でいい!

 

FX投資であれば、「どの株を買っていいのか?」と複数の選択肢で悩む事はありません。

証券会社にもよりますが、取り扱いのある通貨ペアは20種類程度で済みますし、よく分からない通貨を選定するのであればメジャーな「ドル円」を選択しておけばいいだけです。

少なくとも、「何を買っていいのか分からない!」という投資初心者の悩みからは解放されます。

FXは24時間取引が可能!仕事が終わってから集中して投資が出来る!

 

FX投資は株式投資とは違って、平日の24時間いつでも取引を行う事が可能です。

仕事が終わって夜家に帰ってきてから、じっくりと投資に打ち込む時間が取れるため、株式投資よりも遥かにサラリーマンの生活リズムとの親和性が高いです。その証拠に日本人の個人投資家の中でFX投資をしている人の割合はかなり大きいです。

FX投資をきっかけに資産運用を学ぶ!

 

FX投資は実は序章です。

FX投資からスタートする事によって、チャートの読み方を覚えたり、相場感覚を身につける事も出来ます。そのスキルは株式投資をする際や長期投資を行う際にも活用出来ます。

将来的に株式投資を始めたいと思う人にとっても、最初にFX投資で経験を積んでおくというのが実は成功パターンでもあります。

公務員が資産運用する場合の注意点は確定申告

 

 

公務員が資産運用を行う時には税金関係には十分注意をしてください。場合によっては確定申告を行って、納税をしないといけない事があります。

公務員が資産運用を行う事は何も問題ありませんが、利益が出たにも関わらず脱税する事は犯罪行為なので、絶対にあってはなりません。

とは言ってもFXの場合は20万円以上の利益が出るまでは確定申告の心配はありませんので、まずは利益が出せるようになるまで投資の勉強をし続ける方が大事なんですけどね!

ちなみに確定申告と言っても今は電子で全て終わりなので、パソコンで収益を入力して送信するだけなんですけどね。

公務員こそ資産運用のスキルを身につけて資産形成せよ!

 

 

公務員として現役バリバリ働かれている方で、老後の不安低賃金で悩んでいるのであれば、投資のスキルは絶対にマストです。

公務員はそもそも副業が禁止されているので、まともに資産を増やそうとすれば投資系の資産運用を行う以外に手はありません。節約等も大事ではありますが、支出として減らせる部分には限界があるため、結局「お金でお金を増やすスキル」を身につけるしか解決策はありません。

特に若ければ若いほど投資を始めるに適した時期はなく、運用を始めるならまさに“今この瞬間”です。(少なくともこれを読んでいる瞬間が、今のあなたにとって一番若いタイミングだと思うので。)

退職した後の退職金の運用も、証券マンの言いなりになって運用して損している人も多いので、現役時代に自分で投資スキルを身につけておく事は絶対に将来の強力な武器になります。

公務員の資産運用のポイント!まずは少額からとにかくスタートしてみる!

 

 

公務員で資産運用をしようかと考えている人へのアドバイスですが、「まずはとにかく少額から」という視点を大事にしてください。

やっぱり投資ってそんなに簡単じゃないので、最初から大きなお金を動かして大失敗!という可能性も否定出来ません。まずは経験を積むという意味でも、少額で少しずつ初めてみるのが一番です。

その意味でもFX投資が一番合っていて、FX投資であれば5万円程度の入金でも、実際に相場に参入して売買を行う事が十分可能だからです。リスクも最小限に押さえておけば、一回の取引で1,000円以上は負けないようにする事だって可能です。(損切りをマイナス1,000円と設定すればそれ以上は原則損は出ません。)

資産運用はとにかく始めて見る事が大事なのですが、一撃で大損を出して一発退場しないように資金管理を覚える事も大切です。その点でも少額でスタートできて、損失も自分でコントロール出来るFX投資は実は初心者に一番向いています。

「あっ、投資ってこんな感じなんだ!」という初体験をまずは少額でしてみる事が大切です。

公務員におすすめのFX証券会社ランキング!

 

 

それでは最後に、公務員の方にオススメのFX証券会社を紹介します。

僕が現役公務員の時に使っていて、今も使いやすいと思っている証券会社をランキング形式で紹介しますね。もちろんどの会社も口座開設は無料でできますので、とりあえず作っておくだけ!という人もOKです。

口座開設をして取引をするだけで、キャッシュバックが受け取れるのも何よりの魅力なので、投資を始めるきっかけにしてみてください!

ランキング1位
最もオススメなのが「DMM.com証券」です。業界でも最も口座開設している人が多く、王道の証券会社です。業界最狭水準のスプレッドもメリットの1つで、低コストで取引を行う事が可能です。まだFXを始めた事がない!という人はLINEサポートでチャット形式で質問できる所も親切です。迷ったら「DMM.FX」でFXを始めてみてください!
総合評価
取引コスト ドル円で「0.3銭(原則固定)」
通貨ペア数 20通貨ペア
ポイント ・業界最狭水準のスプレッド
・FX口座数 国内第1位の実績

公式ページ

ランキング2位
“スワップポイント(つまり外貨の利息)”で選ぶのであれば、「GMOクリック証券」1択です。デイトレードのような短期投資だけでなく、中長期の投資を行いたいのであれば開設しておきましょう!第1位のDMMと同じぐらいオススメできる証券会社です。
総合評価
取引コスト ドル円で「0.3銭(原則固定)」
通貨ペア数 19通貨ペア
ポイント ・取引ツールの使いやすさ第1位
・スワップポイントが高い

公式ページ

ランキング3位
「外為ジャパン」の最大のメリットは1,000通貨からの少額取引に対応している点。1円動いてもプラスマイナス1000円なので、リスクを最小限に抑えたい人や、デモトレードではなく少額でもいいからお金を動かしてみたい人向けです。DMMグループなので、信頼性も抜群です。
総合評価
取引コスト ドル円で「0.3銭(原則固定)」
通貨ペア数 20通貨ペア
ポイント 少額取引が可能なFX会社
(1000通貨からOK)

公式ページ

ABOUT ME
長尾さん
割と頭はいいけど、社会不適合な人に「もっと好きに生きていいよ。」というメッセージを届けるメディア。①ブログ運営、②資産運用、③働き方について発信中。 新卒で入社した生保を即退職し、国家公務員に転職するも「会社勤め無理」と悟りの境地に達し起業。PCに文字を入力するお仕事でPC10台分ぐらいは稼げてます。勤務地は地球です。※協調性はありません。