仕事論

職場を蝕む老害の特徴10選!うざい会社の上司への対策・対処法!

・ぶっちゃけウチの職場に「老害」が多すぎて本気でストレス

・老害が会社をダメにしている…

・老害上司から受けた暴言が、頭に残り怒りがぶり返す。

会社勤めをされている方であれば、職場に必ず1人か2人は存在する「老害」に頭を抱えている人は少なくありません。

仕事をしていく以上、嫌でも老害と時間と空間を共有していかなければならず、相当なストレスを抱えてしまう人も多いです。

老害が原因で本当に仕事を辞めようかどうか悩む人だっています。

そこで今回は、会社や職場を蝕む「老害の特徴」「老害上司への対策・対処法」を紹介していきます。

ストレスを抱え込んでしまったり、転職を考えたりする前に、まずは老害とはどういうモノなのかを知り、老害をうまくコントロール出来る人間を目指してみましょう。

<キャリアコラム>

今の仕事に何らかの不満がある人は、一度自分の市場価値を測定してみましょう。

ミイダス(MIIDAS)というツールを使えば、『あなたの適正年収はズバリ640万円です!』といった具合で、今の自分の値打ちを知る事が出来ます。(無料)

「仮に今会社を辞めたら、自分にいくらの価値があるんだ?」

「もしかして会社に買い叩かれて搾取されていない?」

このような思いがある人は、パンドラの箱を開けてみてください。

▶︎MIIDAS(ミイダス)公式サイト


▶︎ミイダスについて詳しく知りたい方向け!評判や口コミなどを徹底解説

老害とは?

「老害」という言葉の定義ですが、もちろん国語辞典に載っているような言葉ではありません。

ただ、若い人を中心として、「こういう年上の上司はクソだ!」というイメージがそのまま老害という言葉に反映されているとするならば、おそらくこのような意味でしょう。

老害とは?

⇒ただ年齢が上であるというだけで幅をきかせようとしたり、威張り散らかし、そのくせ社会情勢やシステムの変化に全く順応せず、思考・価値観が昔のままであり、若い人間たちの成長を阻害しているまるで害虫のような存在。

特にこのような人間は田舎の狭いコミュニティであったり、特定の会社組織(〇〇協会とか)に潜伏していることが多いです。

特に会社のように社員の年齢層がバラバラである組織においては、特にその存在が目立つモノとなっており、女社会では「お局さん」という表現をされたりして、下の人間達から蔑まれている、相当イタイ人であることが多いです。(本人はそのことに気付いていない。)

このような老害の存在が若い人間に肩身の狭い思いをさせ、非常に生きづらい世の中を作っているため、その罪は相当重たいモノです。




会社や職場のうざい老害上司の特徴10選

会社組織に存在する「老害」には決まって特徴があります。

あなたの上司が老害に該当するのかどうかは、これから紹介する10個の特徴のどれかに当てはまるかをチェックすれば一目瞭然です。

老害の特徴はどれもが本当にタチが悪いモノばかりです。

個人的な感情を一切排除して、自分の職場の老害度合いをチェックし、今の自分にとって本当に適切な居場所なのかどうかを考え直すきっかけにしてみてください。

①老害は基本的に仕事をしないが口はよく動く

老害は基本的に体を動かさず口だけ動かす生き物です。おそらく口から生まれてきたのでしょう。

「俺が若い頃は〇〇で…」と持論を展開するだけ展開しておきながら、今目の前にあるリアルタイムの業務については基本人任せです。

あとはやたらその分野における知識を語りだすというのもお約束です。勿論語るだけ。

そして老害の厄介なところは、別にこちら側から質問をしているわけではないのに、本人の気分により勝手にアドバイスをしてくる所です。

大抵見当違いであることも多いのですが、その瞬間仕事が止まるので、若手からしたら完全なる“業務妨害”です。

言いたいことだけ言って“スッキリ”したあとは、机に座ってコーヒーでも飲んでいるというのがオチなので、若手からすればリアルに殺意を覚えるレベルで邪悪な存在です。

②老害は100%自分が正しいと勘違いしている!絶対に折れない!

老害の辞書に「間違い」の文字は存在しません。

基本的に全て自分の言っていることが正しいと本気で思っています。そのほとんどがポジショントークであるにも関わらず、客観的な法則のように語りだすのがその悪質な所です。

「若い時は、上司より早く来て、上司より遅く帰るのが正しいんだ!」とか「飲み会で若手が盛り上げ役をするのは当然!」といった時代錯誤かつロジック皆無の思想でも、彼らの中では100%正解です。

おそらく年をとっていると言う年齢的な位置エネルギーの高さを、リアルな物理空間の中でも使えると考えているのでしょうが、そんなエネルギー変換はしません。

正しい、間違いはロジックの問題です。

しかし彼らにその正しさをロジックで説明しても通用しません。ジャイアンに論理が通用しないように。

つまり老害と議論をしても勝ち目はありません。

正確に言えば、勝っていても一切折れることがないため、勝負に勝って試合に負けるという無駄なエネルギーを消耗するだけです。




③老害の主張の軸は感情論!ロジックが終わっている

老害はとにかく感情論で全ての主張をしてきます。

ロジックは皆無か、あるいは後付けです。

老害というのは基本的に完全にマイルールの中で生きています。

その象徴だったのが日本ボクシング連盟の山根元会長。

ヤクザと付き合いがあったとしても、「そんなの関係ない!」「ヤクザと付き合いがある!と堂々言えるのは俺ぐらいのモノ」と論理破綻した主張を平気で繰り広げます。

とにかく老害にとっての“正しさ”とは、「自分が正しいと思うか」によって決定されます。

社会的にそれがセーフかアウトか、一般常識から考えてそれがいいのか悪いのか、論理的に考えてどうなのかといったことは関係ありません。

老害は無法地帯に生息しています。こちら側のロジックを無効化する特殊能力を持っているので注意が必要です。

④老害は飲み会でいきっている!武勇伝が大好物

老害は常日頃から、ウザくてイタイですが、その特殊スペックが爆発的に発揮されるのが“飲み会”です。

とにかく老害の大好物は“過去の自慢話”です。

自らの過去の体験やしょぼい成功例を10割増しぐらいにカサましして武勇伝化することが大好き。

酒の席になると、若手はこの話に永遠と付き合わされる修行層になります。苦行です。

老害はプライドの塊であるため、なんとかして若手に自分の権威をみせつけようと考えるため、必死に自己PRをしてきますが、これが採用面接であれば1次試験は1秒で不合格レベル。

酒に酔って、自分に酔って、自慢話を繰り広げるのは飲酒運転でしかありません。

とにかく酒の席で、武勇伝を聞かせてマウントしてくるのが老害にお決まりのパターンです。しょぼいやつ程自慢が多いのもその特徴。

⑤老害のOSはWindous95から一切アップデートしていない

老害の脳みそはアップデートしません。自分の現役時代からOSが一切アップデートしておらず、時代でいうならWindous95ぐらいから脳みそが進化していません。

技術が進化したり外的環境の前提条件が変更されれば、リアルタイムの最適解は変動するので、脳みそが昔のままの老害は平気でミスジャッジを起こします。

仕事でも昔はそのやり方が良かったのかもしれませんが、今は時代が変わっており方法は多様化しているため、昔のやり方がいつまでも通用するわけではありませんが、老害はそこに対する理解がありません。

脳みそがWindous95のままなので、Windous最新版で使える機能には対応できないからです。

残念ながら成長することを辞めている生き物なので、これ以上何を期待しても無駄です。

それでいながら厄介なのは、Windous最新版の考え方を持っている若い人間に対して、Windous95のやり方を指導してくる価値観の押し付けがひどいので、迷惑行為以外の何物でもありません。

価値観が多様化する現代に逆張りしながら生きるのが老害の終活です。




⑥結論を言え!老害は話が長い

老害は仕事をしに職場にきているのではありません。

“お話”をしに職場にきています。

だから、仕事上の会話であっても話が恐ろしく長いのがその典型的な特徴です。

結論を言えば1分で終わる話でも、前置きをダラダラと話し、そして過去の自分の武勇伝を語るオ○ニーをしながら指示を出すため、完全なる公害です。

特に会議でもダラダラしゃべり散らかし、誰も聞いていないのに、一人舞台を行ってしまう役者タイプの老害は本当に危険です。

基本老害がやっている事は“暇つぶし”なので、現役世代のように忙しい人間にとってはやはり邪悪です。

⑦老害は思い通りにいかないとすぐキレる

老害の気は短いです。とにかく些細な事でキレます。

老害はいかなる場合でも自分が正義だと考えているため、思い通りにいかない事があると癇癪を起こします。赤ちゃんよりも老害の方がよっぽどうるさいです。

残念ながらバカにつける薬がないように、老害に処方する薬もありません。

⑧老害は基本的に自信過剰。ただし能力は低い。

老害は根拠のない自信に満ち溢れています。

なぜか知りませんが、大した能力を持ち合わせていない癖に、自分の能力に対する自己評価が恐ろしく高いのはホラー映画よりもよっぽどホラーに感じる事があるレベルです。

年齢が高い事が能力の高さだと真剣に考えている事も影響していますが、基本的に“イタイ”です。

自分の事を全く客観視出来ない人間の典型でもあります。

⑨老害は仕事が出来ないくせに人に質問しない

仕事の出来ない老害は、人に質問するという小学生でも持っているスキルが欠落しています。

仕事が出来ないくせに、能力とは反比例した大きさのプライドを持ち合わせているため人に聞くということが出来ません。

結果的に仕事が遅く、大抵ミスをしているため、若手職員がその尻拭いをさせられます。

⑩普段偉ぶっている癖に、都合が悪いと老人を理由に逃げる

老害の厄介な所は、最後は老人であるという弱みに逃げる事です。

仕事上でもPCスキル欠落している事はあなたが勉強しなかった事が原因であるにも関わらず、「老人には難しいから若い子がやってね。」と平気で仕事を押し付けてきます。

普段偉そうにゴチャゴチャと口は出す癖に、最後はこれです。

結局老害が長きに渡る人生の中で身につけてきたのは“ずる賢さ”です。




会社や職場を蝕む老害上司への対策・対処法

このように老害が会社や職場にとって完全に邪悪な存在である事は間違いありませんが、老害への対処法というのは恐ろしいほどにごくわずかしかありません。

その方法は下記の4つです。

①完全に無視!関わらないのが一番

②絶対に争わない!時間の無駄だと割り切る!

③子供だと思って接する!奇跡的に愛着が湧くという奇跡を信じて。

④いっその事「蚊」ぐらいに考える。

①完全に無視!関わらないのが一番

まず、最も有効な老害対策は「関わらない」です。

老害を何とかしようと考えてはダメです。もう年齢も年齢ですし、今後何かが変わるとも思えません。出来るだけ老害と接する機会を減らす工夫をしてみてください。

出来るだけ老害に見つからないように、水面下で仕事を進めるスキルといった能力の習得を心がけてください。

老害というのは関わりさえしなければ、別に大した害ではありません。インフルエンザのように伝染する物ではないからです。

②絶対に争わない!時間の無駄だと割り切る!

老害と議論をする事だけはやめましょう。

分かります。大抵の場合老害は間違っていてあなたが正しい。

だからこそ、老害の主張に対して正論で言い返したくなりますが、老害にはそれが通用しません。自分ルールで生きているからです。

だからこそ、もう老害と口論してエネルギーを消耗するのは今日で終わりです。

老害と議論する事は完全に時間の無駄です。省エネでいきましょう。

何も考えず、笑顔で受け流す大人の対応を大の大人にしなければいけないのです。




③子供だと思って接する!奇跡的に愛着が湧くという奇跡を信じて。

もういっその事老害を大人と見るのはやめましょう。

老害は退化しているので、もう幼児レベルだと思ってしまった方が楽です。

幼稚園児が多少悪さしても、そこまでイライラしないじゃないですか。その感覚に近い状態をゴールにしましょう。

もしかしたら、ワンチャン愛着が湧く可能性が……ないか。笑

それでも、子供だと思っとけば怒りを抑える事は出来るはずです。アンガーマネジメントです。

④いっその事「蚊」ぐらいに考える。

子供だと思って接するのが無理なら、もう最終手段です。「蚊」ぐらいに思っておきましょう。老害は蚊です。

ほら、蚊って確かにうざいですけど、「あいつムカつくわー。」とかにはならないじゃですか。

何というかノイズが気になるってだけなので。老害もそんな感じで思っておくといいかもしれません。

必要に応じて「蚊取り線香」もたいておきましょう。

と最後のはギャグですが、まあここまで割り切るぐらいしないとダメだって事が伝わればと思います。

老害がうざい!もう限界!排除出来ないなら転職も考えていいかも…

最終手段ですが、どうしても老害がウザすぎるのであれば「転職」を考える事もやむをえずです。

人間関係のストレスというのは、ジワジワと継続的に効いてくるので、生きていて本当に辛くなる事も少なくありません。

老害が多い企業というのは大企業や公務員に特に多いですが、ベンチャー企業のような若手が中心となるIT系の企業であれば、老害に遭遇する可能性が消えます。

関連:【未経験OK】IT業界で役立つおすすめ転職エージェント11社を徹底比較

もちろん「老害が多いから」と言う理由だけで転職を考えるのではなく、今後のキャリアを真剣に考えるにあたって、「老害が自分の成長を阻害しているのではないか?」など他の要因と合わせて考えてみるといいと思います。

特に成長意欲が高い人にとっては、老害が多い企業で自分を殺しながら、老害とうまく付き合う処世術を磨くよりも、新しい環境で本当に為になるスキルを身につける生き方の方がいいと思います。

自分の人生にとって本当にプラスになる選択肢を真剣に考えてみてください。

p.s

冒頭で紹介した、あなたの市場価値を診断してくれる無料ツール「ミイダス(MIIDAS)」について

現状のキャリアの状況やバックグラウンドを入力するだけで、自分の値打ちを適正年収と言うリアルな数値で知ること出来るツールです。

あなたは市場価値が高い人材かもしれないですし、思っているより低いかもしれないです…

気になる方はミイダスを使って自分の「市場価値」と向き合ってみてください!

▶︎MIIDAS(ミイダス)公式サイト


▶︎ミイダスについて詳しく知りたい方向け!評判や口コミなどを徹底解説

ABOUT ME
長尾さん
更新中