仕事論

転勤が嫌で退職はありなの?元転勤族がメリット・デメリットを解説!

 

当サイトおすすめエージェント3選

▼当サイトおすすめの転職エージェントはこちら!迷ったら「リクルートエージェント」で無料相談!▼

オススメ1:リクルートエージェント
業界最大手の転職エージェント&求人数No.1!転職先の選択肢がもっと広がる

オススメ2:マイナビエージェント
第二新卒や20代の転職に圧倒的強み!ホワイト企業の扱いも多い

オススメ3:DODA(デューダ)
非公開求人に圧倒的な強み!年収をグッとあげたい人向け!

・今回の人事異動で田舎に転勤になってしまった….

・転勤を命じられたけど引っ越すのは嫌だ。退職も考えるレベル。

・これからも転勤リスクに怯える人生って…

会社勤めをされている方の中には、住居の移動を伴う転勤をしなければならない職場に勤めている方も多くいらっしゃいます。新卒の時の会社選びでは転勤リスクをそこまで重く受け止めていなかったけど、実際働いてみると相当なデメリットだった…と言う人は少なくありません。

転居を伴わない異動ならいいですが、やはり自分の住む場所を自分で決められないストレスというのは相当なものですよね。

今回は、「転勤が嫌だから退職(転職)を考える」という方に向けて、元国家公務員でバリバリの転勤族であった僕が退職(転職)という道を選ぶメリット・デメリットについて解説していきます。

<キャリアコラム>

今の仕事に何らかの不満がある人は、一度自分の市場価値を測定してみましょう。

ミイダス(MIIDAS)というツールを使えば、『あなたの適正年収はズバリ640万円です!』といった具合で、今の自分の値打ちを知る事が出来ます。(無料)

「仮に今会社を辞めたら、自分にいくらの価値があるんだ?」

「もしかして会社に買い叩かれて搾取されていない?」

このような思いがある人は、パンドラの箱を開けてみてください。

▶︎MIIDAS(ミイダス)公式サイト


▶︎ミイダスについて詳しく知りたい方向け!評判や口コミなどを徹底解説

「もう転職について悩むのは辞め!一歩踏み出して行動しよう」という人は、プロのエージェントの力を借りるのが鉄板です。

特に、キャリア面談にめっぽう強い「マイナビエージェント」はおすすめです。

マイナビのコンサルタントは、どんな些細な悩みでもすくい上げてくれます。

軽く相談するだけでも、転職に対する不安がスッと消えてなくなりますよ。

・マイナビエージェント公式【3分で登録完了】


関連:20代の転職で役立つおすすめ転職エージェント14選

関連:30代のキャリアアップに強いおすすめ転職エージェント14社

関連:女性の気持ちに寄り添えるおすすめ転職エージェント7社

転勤や異動が原因で退職したいと考えるのはよくある事!

「転勤や異動が嫌だから退職をリアルに考える!」という人は決して少なくありません。

むしろかなり多いです。

全国転勤がある総合職や国家公務の方は、内示が出る時期になると、転勤の事を考えて不安な気持ちになる感覚を味います。

この気持ちって、何とも表現しづらいモヤモヤした感覚ですよね。

今後人生の中でこれを何回も経験しなくちゃダメなの?と思うと、ぶっちゃけかなりストレスです。

就活の時はとりあえず内定が欲しい!と言う思いで、全国転勤でも何でもしますから!といって面接を突破した人も多いでしょう。

しかし、入社してからの価値観というものは変わってきます。

「住む場所を自分で選べない。」と言うのは、ある意味自分の人生でありながら、自分の人生でないような気持ちになるからです。

結婚している人であれば家族の事を考えて不安になります。

未婚の人でも、将来をイメージし転勤リスクを感じずにはいられませんよね…

だからこそ、転勤リスクを考慮して転職をしようかどうか悩む事はかなり普通な事なのです。




転勤・異動を理由に退職を決めるメリット

転勤が嫌だから会社を退職する!という決断は別に悪い事ではありません。

理由としても十分すぎる理由ですし、自分の人生の事をよく考えて、価値観と向き合った結果であれば、メリットも大きいです。

ここからは、転勤のない会社に転職するメリットを、改めて整理していきます。

転勤リスクという精神的ストレスからの解放

退職さえしてしまえば、会社に人生を決められる必要はなくなります。

転勤リスクに怯える精神的苦痛を、もう二度と味わう必要がありません。

僕が公務員時代は、毎年3月前半の人事の時期になると、「もしかして引っ越し?田舎に転勤?」とビクビクし続けていました。

しかしそれがない人生を歩む今、本当にストレスが激減しています。

自分が住みたい場所に住む事ができる事のありがたみを感じられる事は、人生では結構大事な事かもしれません。

転勤のない、あるいは転勤しても転居は不要な企業に転職すれば、自分が住みたいと思える場所で人生を送れる訳です。

そう考えると、今の職場を退職して転職する価値は大きいと思います。

退職をきっかけに新しい人生をスタートする事が出来る

退職の動機が「転勤が嫌だったから。」というものであっても、退職をきっかけにあなたの人生が変わり始める事は間違えありません。

このまま会社に残留して、今の延長線上に起こりうる未来を消化していく人生も悪くないですが、退職して違う人生を歩む決断をすれば、今よりも理想的な未来を創り上げる事ができる可能性が生まれます。

それに、我慢して転勤して、「ここであと2年耐えれば戻してもらえる!」と思いながら消化試合する2年とかも勿体ないですからね。

なんかそうやって時間を消化し始めちゃうと人生の幸福度って下がります。

生贄期間みたいに時間を使うのって本当に寿命の無駄遣いですから。

人生のどの時点でも、自分の住みたいと思う場所に住むって方が自由度が高くて満足感も高いと思います。




転勤・異動を理由に退職を決めるデメリット

転勤を理由に退職をする事には人生レベルで大きなメリットがありますが、直近の短期的な目線で見るとデメリットがいくつかあります。

安易に「転勤が嫌だから!」という理由で退職してしまう事はリスクもあります。

ここでは冷静に、転勤を理由に退職することのデメリットを整理していきます。

自己都合の退職として取り扱われる

転勤や異動を理由に退職するという事は、当然「自己都合による退職」として取り扱われます。

会社が転勤を命じてきたから会社都合の退職!とはなりませんので注意してください。

自己都合退職による最大のデメリットは「失業保険」です。具体的には下記の点に注意してください。

・給付されるまでの期間に約3ヶ月のブランクがある

・支給期間は90日〜150日と短い

会社都合よりも、失業保険の恩恵が受けられないデメリットはあります。

転職先が決まっていない状態で転職活動をする精神的ストレス

もし転勤を命じられてから退職届を出す場合は、転職先が決まっていない状態で退職する事になります。

まだ先が決まっていない状態で宙ぶらりんになる覚悟を決めなければいけません。

そして、会社に残留しながら転職活動をする時とは違って、背水の陣で望まなければいけない精神的ストレスも大きいです。

転職先で条件が落ちるリスクはある

転職をした結果、転勤がなくなる代わりに、その他の条件が落ちてしまうリスクは当然あります。

特に給与面などで条件が下がるリスクは否めませんが、都心部で全国転勤がない企業はゴロゴロあります。

きちんと下調べをして、正しい情報を仕入れた上での転職活動をしなければいけない事は肝に命じておきましょう。

転勤後の退職なら引っ越し代が無駄に発生する

これは大したデメリットではありませんが、転勤してから退職をした場合は、無駄に引っ越し代がかかります。

転勤で移動する場合の費用は会社の経費で落としてもらえても、退職する時の引っ越し代は当然自腹です。

転勤を命じられてすぐ退職よりは、転勤先で転職活動をはじめて内定をとってから退職するのもありなので、引っ越し代は捨て金とみれば安いのかもしれませんね。




転勤先に異動してすぐに退職はNG!

転勤が決まって、一旦は人事の命令に従って異動をしたものの、やっぱり嫌になって転職先で退職を申し出る人がいます。

しかし、これはイチ社会人として望ましい行動ではありません。

また、転職先で転職活動を始める場合もですが、転職エージェントなどを上手に活用すれば2ヶ月ぐらいで転職先の内定が取れてしまうため、結果的に転勤後にすぐ辞める人も実際にはいます。

ただ、これも同じ理由からあまり評価できる辞め方ではないですね。

そのため、転勤リスクがある会社に勤めていて、どうしても転勤が嫌だとすでに自分で分かっているのであれば、もう今この瞬間から転職活動をはじめて、自分にとっても、会社にとってもマイナスにならない退職時期を探してください。

転勤の内示が出る前に辞める努力を最低限しておくべきではあります。




転勤を退職理由として正直に会社や上司に報告するべき?嘘の理由がいい?

転勤が嫌で退職報告をする場合ですが、その報告の仕方で悩まれる方もいますよね。

正直に転勤が嫌だから辞めるというべきか、それとも不満を言わずに辞めたいから嘘の作り話を話すべきか。

ただ、色んなケースが考えられますが、基本的には正直ベースで話をしたほうがいいです。

そもそも転勤が嫌というのは会社への不満とはあまり受け取られづらいですからね。

もし内示が出る前に退職を申し出る前であれば、転勤を考慮した人事をしてもらえる可能性もありますし、その場合改めて退職を考えたって言いわけなので。

転勤については人事でも考慮しやすい所ではあるので、退職報告うんうんよりも、人事面談で明確に意思表示をしておくことも大事です。




転勤を受け入れる事でいい事もある!退職を決断する前にもう一度考察!

転勤にはかなりデメリットもありますが、実際に転勤してみたらその土地が好きになるというメリットもあります。

例えば田舎でも、その土地の料理がすごく美味しいとか。

もちろんこの意見に対して「転勤せずに都会にいた方がそもそもいい。」と反論があるのもわかります。

しかし人によっては、転勤してみることで価値観が変わる可能性もあります。

ただ、元転勤族の国家公務員の僕の経験則から言えば、田舎の遠方に転勤になった後にもう一度そこに行きたい!と言っている人は見たことがありません。

転勤先の土地で良かったこともあったんでしょうが、トータルマイナスだったのかな?と思わずにはいられないですよね。

やはり「場所」というのは人生の満足度にかなり影響する重要なファクターの1つと言えますね。




転勤リスクに備えて早めの転職活動をしておくべき!

転勤が本当に嫌だと感じる方は、絶対に早めに転職活動を始めるべきです。

具体的には転職エージェントと言われる、あなたと企業をマッチングしてくれるサービスを使い倒せるかどうかが重要になってきます。

転職エージェントは求職者が転職に成功した際に、採用先の企業から一定の報酬を貰う仕組みになっているため、あなたに金銭的負担は一切ありません。

転職活動を考える時は、まず無料の転職エージェントに登録する事をオススメします。

というのも、転職は求人探しから履歴書・職務経歴書の作成など、準備に手間がかかります。

転職エージェントを使えば、書類作成の支援、あなたに合った求人の紹介等、転職を0からサポートしてくれるので、1人で転職をするより、はるかに簡単に転職をする事が出来ます。

オススメの転職エージェントは「マイナビエージェント」です。

マイナビエージェントは業界でも大手で、他社の転職エージェントには無い独自の非公開求人を多く持っているのが特徴です。

収入を上げるため、キャリアを磨くため、外資系企業にチャレンジしたいなどの希望はもちろん、

「初めての就活で何をすればいいのかサッパリ分からない」

「短期離職持ち、無職からの転職で職歴に自信がない」

「ブラック企業は嫌。長く安心して働ける企業を紹介して欲しい。」

といった様々なニーズにも、専門のエージェントがしっかり応えてくれます。

転職サイトについてはいつでも登録できますが、ストレスや疲労が限界に達すると登録する気力するすら根こそぎ奪われる事になるので今のうちにチェックしておいてください。

気になる求人をストックしておけば「正社員として就職出来るという自信」も持てるので、心の安定にもつながりますよ!

『マイナビエージェント』の登録は下記の公式サイトから申し込みが出来ます。

・マイナビエージェント公式【3分で登録完了】


3分ぐらいで登録できますし、一回登録して仕舞えばすぐに求人がチェックできるようになります。

書類作成もエージェントの力を借りればすぐ終わり、面接までスムーズに進められますよ!

関連:20代の転職で役立つおすすめ転職エージェント14選

関連:30代のキャリアアップに強いおすすめ転職エージェント14社

関連:女性の気持ちに寄り添えるおすすめ転職エージェント7社

また、今すぐに転職するつもりはないけど、

「この会社で一生働くのは無理!」

「30までには絶対転職したい!」

などの転職願望がある方は、最低でも転職サイトに登録しておきましょう。

転職サイトは専属のコンサルタントがつくわけではないですが、隙間時間にスマホでサクサクと求人をチェックすることが出来ます。

「あのクソ上司目に物見せたろか。こっちはその気になればいつでも転職出来るからな。」

「どうせ俺が辞めたらテメェの評価はガタ落ちで困るだろボケ。」

求人チェックしているだけでも、なぜか天下を取ったような気分になれるのでオススメです。

気を静めるためにも登録しておくべき転職サイトですが、鉄板の「リクナビネクスト」でOKです。

リアルに怒りがおさまる最高の処方箋ですし、本当の意味で将来のキャリアを考えるきっかけにもなりますよ!

・リクナビネクスト【公式サイト】


p.s

キャリアについて何か1つでも悩みがあるのなら、一度自分の市場価値を測定してみましょう。

ミイダス(MIIDAS)というツールを使えば、『あなたの適正年収はズバリ640万円です!』といった具合で、今の自分の値打ちを知る事が出来ます。(無料)

「仮に今会社を辞めたら、自分にいくらの価値があるんだ?」

「もしかして会社に買い叩かれて搾取されていない?」

このような思いがある人は、パンドラの箱を開けてみてください。

▶︎MIIDAS(ミイダス)公式サイト


▼ミイダスについて詳しく知りたい方向け!評判や口コミなどを徹底解説▼

http://okane-compass.com/miidas/

ABOUT ME
長尾さん
更新中