仕事論

【決定版】パワハラ上司への対処法!社会人いじめをする人の特徴は?

会社勤めをされている人の中には、職場でのパワハラ上司に日々頭を悩ませている人も多いと思います。

・パワハラ上司によって精神がおかしくなりそう…

・パワハラからなんとか我が身を守りたい!

・いっその事パワハラ上司に復讐しないと気が済まない!

今回は上司のパワハラに耐えられない人に対して、「どのようにパワハラに対処するのがいいのか?」「パワハラを行う上司にはどのような特徴があるのか?」を解説していきます。

この記事で分かること

・パワハラを行う上司の心理的な特徴

・職場でのパワハラへの対処法

それでは解説していきます。

パワハラとは?そもそも何がパワハラ?

 

 

パワハラとは「職務上の地位や人間関係などの”職場内での優位性”を背景に、部下などに、精神的、あるいは身体的な苦痛を与えたり、職場環境を悪化させたりするもの」です。

そしてパワハラは下記の6つの行為類型に分類出来ます。

 

1.身体的な攻撃

→直接的に殴る蹴る、胸ぐらを掴むといった暴力行為です。刑事責任が問われてもおかしくない犯罪に近い行為がこのパワハラの特徴です。新入社員の初期研修等でよく行われる机に蹴りをいれたり、怒鳴り散らかす行為もほぼ身体的な攻撃と言えます。

 

2.精神的な攻撃

→精神的に追い詰めるタイプのパワハラとして一番ストレートなのが暴言です。「バカ」「カス」「ゴミ」といった人間そのものを否定してくるような表現や、複数人の目の前で晒し者にして叱責する行為もその1つです。

 

3.人間関係の切り離し

→人間関係の切り離しとは、職場の中で村八分状態になるように仕向けられることです。報告や相談をしても無視されたり、懇親会に誘わなかったり、時には物理空間ごと遮断するというケースもそれです。

 

4.過大な要求

→どう考えても期限内に達成することができないノルマを課せられたり、とても1人でやるような量でない仕事量を命じられたりすることです。本業とは別に、飲み会の幹事を強制的にやらされたり、行事ごとに毎回駆り出されるといった行為も該当します。

 

5.過小な要求

→過大な要求とは逆に、過少な要求も存在します。あえて仕事を奪ってしまういじめ行為や、本来業務とは関係ない仕事(掃除とか)を命じられることも過少な要求の一種です。嫌がらせのようなものです。

 

6.個の侵害

→仕事とは一切無関係の個人的なプライベートな領域に関して、上司から追求されたりする行為は個の侵害として立派なパワハラの一種です。「彼女いるの?」という質問も、人間関係が出来上がっていない状態でされればパワハラです。

パワハラ上司の特徴6選!いじめを行う人の心理とは?

 

 

上記のようなパワハラ行為を行う上司は、職場の中に決まって何名か存在していますが、だいたい共通した特徴があることが知られています。パワハラを行う上司の特徴は下記の6つです。

①威厳を保つために高圧的な態度をとる

 

パワハラを行う上司の心理として、「威張っていないと威厳を保てない。」という状態が考えられます。

自分は課長という役職についている!だから偉い!それを分からせるために高圧的な態度を取るというパターンです。完全に勘違い野郎ですが、パワハラを行う人間の心理とはこのようなものです。

結局「本当は弱い人間程強がる理論」という法則がここでも当てはまります。

②支配欲がとにかく強い

 

パワハラを行う人間は「支配欲がとにかく強い」という傾向があります。

自分自身の力の強さを自分自身で感じることに喜びを感じており、部下が自分の手中にあることを常に感じていたいと感じるタイプです。

リーダーの理想的なあり方を完全に間違えて捉えている“イタイ人”ですが、年齢を重ねて行くと徐々に支配欲が増していくため、パワハラ行為に繋がっていくのは典型的なパターンの1つです。

自らの地位を維持するためにも、常に自分の下に人をつけていないと気が済まないお山の大将みたいなタイプは、基本的にパワハラの常習犯です。

このタイプは常に自分の事しか考えていないため、部下のミスにはかなり厳しい傾向があり、自分のマネジメントがうまくいかない事に苛立ちを感じやすいです。管理職としての自分の評価も気にしまくっているタイプです。

③能力の低さをカモフラージュしたい

 

パワハラを行う上司は、基本的に弱く、能力が低いという傾向にあります。

自身の弱さや能力の低さを本当は自分自身でも理解していることが多く、それを部下に察知されまいとパワハラを行うことで優位性を証明しようとします。

本当は自分自身も役職として上にいることに内心“恐怖”を感じている完全なる「小心者」であるため、あえて大声を出したりして、周囲になめられないようにしようとしているやはり“イタイ人”です。

④人を見下している

 

パワハラを行う上司は、基本的に人を見下しながら生きています。自分が出来る事を他人ができない事に対して理解が出来ず、とにかく自分より仕事が出来ない人間が大嫌い。

「なんでこんな簡単な事でミスするんだ!」

「こんな単純な仕事に何時間かけるつもりだ!」

といった感じで部下によく怒鳴り散らかしている人は、プライドが高く、言葉によってパワハラを行う典型的なタイプです。

厄介なのは本人は仕事が出来る人というケースで、職場からは重宝されおり、誰も止める事が出来ず、そのまま天狗になり続けているケースです。このタイプは自分が優秀な部下になるしか手の打ちようがないのが困ったところです。

⑤俺はジャイアン理論で生きている

 

パワハラ上司の大半は、常に「自分は正しい!」と完全に信じている俺はジャイアンタイプです。

おそらくこのタイプは体育会系出身というケースが多く、自分自身も若い時に厳しくされてきて、それに耐えてきて今があるため、部下にも同じように接しようとしているパターンです。

昔と今では時代が変わり、そのような体育会系のやり方に従い職場で振る舞う事がパワハラと言われている事に、未だ気づいておらず、脳みそが昭和からアップデートされていないいわゆる“老害”です。

厄介なのは過去の自分はそれで上手くいっているという間違った成功体験を持っていることで、その経験により価値観が出来上がってしまっているため、本人もパワハラであるという自覚すらないことです。

このタイプは自分は間違っていないと、心の底から思い込んでいるため、一筋縄ではいかないです。

⑥基本メンヘラ!感情のコントロールが出来ない

 

パワハラを行う上司の中には“メンヘラタイプ”も確実に存在します。

感情の起伏が非常に激しく、いつもピリピリしているというわけではなく、温厚な時もある一方で、突然スイッチが入って怒鳴り散らかしてくるという、予測不可能な動きをする生物です。

このタイプが実は一番厄介で、一体どんな心理メカニズムが働いて攻撃的になるのかが正直分かりません。一種の病気のようなところもあるので、部下としてはたまったものではありません。

パワハラ上司への対処法!ケース別に解説!

 

 

それでは、パワハラへの対処方法をお伝えします。

まずは「暴力(暴言)によるパワハラへの対処法」「ネチネチ小姑タイプのパワハラへの対処法」というオーソドックスなパワハラへの対処法を解説していきます。

暴力(暴言)によるパワハラへの対処法

 

まず、暴力や暴言といったリアルな威嚇を行うタイプのパワハラへの対処法です。

このタイプのパワハラを受けた時に絶対に注意して欲しいのが「目には目をといって殴り返すようなことはしない」ということです。ボコボコにしてしまいたい気持ちも分かりますが、後から問題になった時に不利になるからです。

さすがに本気の右ストレートが飛んできた場合はやむをえずですが、胸ぐらを掴まれて右ストレートで返すのはちょっと分が悪いので我慢です。

それよりも、パワハラがあった実態について「詳細な記録」を残しておくことを心がけましょう。具体的に、いつ、どこで、どのような理由で暴力行為が発生したのかを、きちんとメモしておきましょう。(ボイスレコーダーがあれば最強。)

はっきりいますが暴力や暴言によるパワハラは完全に犯罪行為ですので、後から警察等の機関の協力が必要になった場合、証拠を残しておくことが強力な武器になります。

右ストレートでやり返すより、重たい一発を後から食らわすことに頭をシフトさせてください。

ネチネチ小姑タイプのパワハラへの対処法

 

暴力やあからさまな暴言ではなくとも、小姑のようにネチネチと嫌みを言ってくるタイプのパワハラをしてくる上司もいます。完全に陰キャです。

このタイプへの対処法は「無視」の1言です。

所詮は陰キャの独り言ですので、相当な高みから見下すぐらいで逆に丁度いいです。イライラしたら負けです。もはやパワハラとすら感じなくレベルまで自分の精神ステージのレベルを上げる事に全力でフォーカスしましょう。

小言が始まったら頭の中で「サザエさんのエンディング」を流しましょう。心が和んで、目の前の小さなゴミの事などどうでもよくなります。注意点は勢い余って「サザエさんは愉快だな〜」と決して口ずさまない事です。

あとは、ボイスレコーダーで録音しておいて、後日ボコボコにするというのもアリです。言われたい放題は我慢ならない!という人は記録しておく事も忘れないようにしましょう。

パワハラ上司との付き合い方!日常の接し方のポイント!

 

 

パワハラを受けた時の対処も大事ですが、大事なのは極力パワハラに遭遇しないように心がける事です。問題解決の極意は、問題を解決する能力ではなく、実は問題を起こさないようにする能力です。

ここでは、日常の業務を行うに当たって、極力パワハラ上司からパワハラを受けないようにするための工夫を紹介します。

言葉遣い・服装・勤務態度等には細心の注意を!

 

パワハラ上司は、いつどこで何に目をつけてパワハラ行為に及んでくるか分かりません。他人の粗探しをする事にかけては天才的な能力を発揮するからです。

よって、些細な事で注意される事がきっかけとなり、パワハラがエスカレートしていくケースを避けるために、余計な事で指摘されないように細心の注意を払いましょう。

特に毎日の事で言えば、言葉遣い、服装、勤務態度などは突っつかれやすいので要注意です。

上司の機嫌の良し悪しを常にチェック!

 

パワハラ上司と言っても、正体は人間です。機嫌のいい時であれば、ちょっとした事であれば水に流してくれる事や、細かい事を気にしない時だって必ずあります。

その一瞬が“チャンス”です。パワハラ上司にどうしても報告や相談が必要な案件があるのであれば、その瞬間を全力で攻めましょう。

逆に機嫌が悪い時は、完全にスルーです。あなた自身も“置物”になりましょう。触らぬ神に祟りなしです。

わざとらしいぐらいのゴマスリも効果的!

 

パワハラ上司と言っても、絶対に1人や2人ぐらいお気に入りの部下がいるはずです。そういう部下であれば、ちょっとした事でガミガミ言われる事はおそらくありませんよね?

できればそのお気に入りに食い込むのが理想ですが、それが難しいのであれば、最低限嫌われないようにする努力はしておきましょう。

もうわざとらしいぐらいのゴマスリをしたって構いません。「頼りになります!」とか言っておけばいいんです。一切の心を殺して無我の境地になれば、思っていない事でも言えます。笑

パワハラを行う上司は結局自分に自身がない傾向にあるので、部下から慕われていると思えば、それで実はOKみたいなところもあります。自分は頼りにされているんだ!と思わせてあげましょう。

尊敬している感を出す!

 

上記のゴマスリとほとんど一緒ですが、上司の事を尊敬しているというところをアピールしましょう。嘘でもいいです。

繰り返しになりますが、パワハラを行う人間は弱く、自分に自信がないからパワハラという非行に走るだけです。だったら、「そんな事はないですよ。尊敬してますよ。」と相手に伝えてあげましょう。もうこれでパワハラしなくても威厳は保てると無意識に感じてくれるはずです。

適当に芝居して、「△△(当て馬)さんの所に質問に行ったんですが、はっきりしたアドバイスが貰えませんでした。ぜひ〇〇さん(パワハラ上司)のアドバイスを聞かせてください。」とここでも、ゴマスリでOK!

とにかく、自分はあなたを信用しているんです!という気持ちが伝わればそれでいいんです。

出来るオーラを出す!堂々しよう!

 

いじめられる人の特徴として多いのが、見るからに自信がなさそうというタイプです。このタイプは目をつけられやすいです。

もしあなたがそのタイプなら、出来るだけ堂々としてください。できる感みたいなものを出していきましょう。

「こいつ出来なさそうだな。」がパワハラの始まりなので、できるだけ舐められないようにあなたが工夫する事も大事です。

もちろんメンタル面の話だけではなく、本当にスキルアップもして、仕事ができる人間になることが大事です。見た目も実態もしっかりしていれば、上司もパワハラのしようがありません。相手に隙を見せないようにしましょう。

無駄な相談や報告を避ける!すぐに質問とかしない!

 

これはパワハラ上司への対処法と言うより、会社員の処世術の1つですが、何でもかんでも質問する事は基本NGです。

基本的に自分で調べて、自分で解決するというスタンスで仕事をして、どうしても行き詰まってしまった時だけ、最終手段として質問をするという癖をつけましょう。

特にパワハラ上司に対して、些細の事でイチイチ質問していると、その都度どこに地雷を踏むリスクがあるか分かりません。極力自分で解決するか、同期レベルで質問してみるとか工夫をしましょう。

意思疎通の齟齬がないように!

 

上司から一番怒られるパターンとして多いのが、意思疎通が上手くいっていないケースです。

上司の意図していた指示を間違って理解、あるいは理解せずに実行した結果何かしらのミスが発生するケースが、だいたい怒られるパターンの鉄板です。

上司から指示があった場合は、念のため自分が指示内容を的確に理解しているのかどうかを確認する意味でも「〇〇ということでよろしかったでしょうか?」と一言確認を取る癖をつけましょう。

これで伝達ミスの99%は防げるはずです。

パワハラ上司に復讐するために!

 

 

パワハラ上司への対処法として、一番最後はどうしても許せない!復讐しないと気がすまない!と言う人のために、オススメの対処法を紹介します。

さらに上の上司に相談する

 

パワハラの被害があまりに深刻で、どうしても許せない場合はさらに上の上司に相談してみましょう。

今は時代も時代なので、パワハラと言う言葉に敏感になっている企業も多く、上の役職の方ははっきり言ってビビっています。自分の部下がパワハラで問題を起こしたとなると、自分の責任問題にもなるため、相談には親身になってのってくれる可能性は高いです。

事実上の告発ですが、まずは内部告発です。

外部の機関に相談する(匿名でもOK)

 

内部告発と合わせて、もしくは先駆けて行いたいのが「外部告発」です。

法テラスや各都道府県の労働基準監督署に相談すれば、きっちり対応してくれます。

もしパワハラ問題に対処しない会社であれば、外部の機関に相談するのが最も効率的です。

記録を残しておく事がやはり一番のポイント

 

内部告発する場合も外部告発にも「記録を残しておく」ことがやはり一番のポイントです。

パワハラの具体的な実態を確認できる証拠があれば、会社や外部の機関も無視するわけにはいかないので、対応がスムーズです。

「このハゲー。」まではっきりとパワハラの実態が記録されているボイスレコーダーがあれば最強なので、告発する前には出来るだけ確たる証拠を揃えておく事が最重要ポイントです。

パワハラ上司がどうしても無理なら自分のために勇気ある撤退を!

 

 

以上、パワハラへの対処法について解説してきましたが、どうしてもパワハラ上司が無理!という事もあると思います。

その時は、あなた自身のために「勇気ある撤退」をする選択肢も考えてください。だって、毎日パワハラ上司と何時間も一緒に過ごす人生って面白くないじゃないですか。

毎日毎日「耐える人生」ってやっぱり幸福度がどんどん下がっていっちゃいます。

そんな時は思い切って「転職」というのもありです。職場が変わればガラッと人間関係も変わるので、「今まで自分は何に悩んでいたんだろう?」と一気に気持ちが晴れる事もあります。

もちろん今すぐに転職の決断を!というのは難しいと思うので、いつでも転職したいと思った時に行動出来るように準備だけはしておくといいでしょう。今は転職サイトに登録するだけで、自分の希望する求人を簡単にチェックする事もできます。

とりあえず転職サイトで求人をチェックしておけば、「別にこの会社辞めてもいろんな選択肢があるじゃん!」と前向きな気持ちになれるのでオススメです。

転職サイトはいくつもありますが、たくさん登録しても情報が多すぎて処理できないので、とりあえず最大手の「リクナビNEXT」だけでいいと思います。

少しずつ求人を見ながら転職の選択肢をよりリアルなものにして、段階的に「パワハラ上司脱出計画」を実行に移していきましょう。

ABOUT ME
長尾さん
更新中