資産運用

FXの仕組みを初心者にわかりやすく簡単に!売りでも儲かる理屈は?【完全図解】

・FXって聞いたことあるけどいまいち「ピン」と来ない!

・FXってどんな仕組み?売りでも儲かるってなんで?

・FXの仕組みを簡単に説明してほしい!

「FX」って言葉は聞いた事はあるけど、実際にどんな投資なのかイメージが湧かないという人は多いです。

そこで今回はFXに興味のある人が、少しでもFXに対して抵抗感がなくなるように、FXの仕組みを出来るだけ分かりやすく、シンプルに解説していきます。

FXについて何も分からない人も安心して読んでください!超初心者の方必見の内容です。

この記事で分かること

・FXの仕組み【完全図解】

・FXで儲ける仕組み

・FXのレバレッジやロスカットって何??

それでは解説していきます。

<FX投資はDMMFXがオススメ>


FXの仕組み①収益が発生する理屈は何?

 

 

そもそもFXとは正式名称「外国為替証拠金取引」と呼ばれるものです。

なに、特に難しく考える必要はありません。

FXとは外国の通貨の売り買いを行うマーケットだと思ってください。

あなたも海外旅行に行く時に、手持ちの1万円札を空港に行って旅行先の国の通貨、例えばドルに交換した事があるはずです。

FXも理屈は一緒です。要するに「両替所」の事です。それがネットで出来るだけ。

そしてFXで儲けるというのは、いわば「価格差」を利用しているだけという事です。買った時よりもレートが上がっていれば儲けになる。

ちょっと例を出しましょう。

例えばあなたが海外旅行に行った時に、旅行に出かける初日は1ドル100円のレートで両替したとします。しかし、帰国した日に日本円に戻そうとしたら1ドル110円になっていた場合どうでしょう?

この時は1ドルの価値が「100円→110円」に膨らんでいるため、日本円に戻す際には1ドルあたり10円の儲けになりますよね。

仮にあなたが1,000ドル(つまり10万円)両替して、旅行先1ドルも使わず帰国し日本円に換金すると「11万円」で戻ってきます。結果的に1万円プラスです。

実はFXというのはシンプルにこれだけの事です。この価格差をうまく利用して、稼いでいく投資こそがFXです。

日本人の場合であれば、円を他国の通貨に替えて、他国の通貨が値上がりしたタイミングで日本円に戻せばその差額が儲けになります。

つまり、円安になれば収益が発生するという事です。

〈円高と円安について!意外と誤解している人が多い!〉

・円高
→日本円の価値が”外国の通貨に対して”高くなること

・円安
→日本円の価値が”外国の通貨に対して”低くなること

つまり、1ドル=100円が1ドル110円になった場合、1ドル持っていれば今までは100円の日本円しか手に入れられなかったけど、これからは110円手に入れられるので、ドルの価値が上がったよね!となります。

「ドルの価値↑」という事はそれに比べて「円の価値↓」となるので、1ドル100円から110円になる事は「円安」となります。

と、理屈を説明しましたが、FXで稼ぐというのはそこまで複雑な事ではありません。

なぜなら、他国の通貨が上がると思えば買い。そしてそのまま上がればあなたは儲かる!というシンプルな構造だからです。

もしあなたが今後ドルの価値が値上がりしていくと思えば、ドル円に買い注文を入れるだけです。あとは上がったら決済して日本円に戻す。その時の価格差がそのままあなたの利益です。

FXはとってもシンプル!

外国の通貨が上がると思えば買い注文を入れるだけ!その後上がれば儲かる。

FXの仕組み②スワップ(金利差)でも収益を狙える!

 

 

FXというのは価格差を利用して収益をあげる以外にも、日本と外国の「金利差」、つまりスワップを利用して収益をあげる方法が存在します。

例えば日本円の金利が1%で、オーストラリアドルの金利が5%なら、オーストラリアドルの金利の方が4%高いので、資産運用するなら日本円じゃなくてオーストラリアドルの方がお得!って事になりますよね。

もちろん為替レートの変動があるので、オーストラリアドルがあまりに下落するような事があれば結果的にマイナスになる可能性はあります。

しかし、金利が高い通貨が上げ相場である時は、価格差だけでなく金利差も狙って収益を拡大させる事が出来る仕組みがFXには存在しているという事です。

・高金利の通貨に投資して利息で収益をあげる「スワップ投資」と呼ばれる手法がある!

FXの仕組み③市場は24時間開いている!

 

 

FX市場は為替という世界各国の通貨を取り扱うマーケットであるため、基本的に24時間取引が行われています。(土日は休み。)

株式市場の場合はその国によって取引時間が限定されており、日本の株式市場であれば「9:00〜15:00」と決まっています。

FXには時間の制約がないため、サラリーマンでも帰宅した後に出来る投資として人気を集めています。

・FXは24時間いつでもトレード出来るので、サラリーマンに向いている投資!

FXの仕組み④売りで儲かるメカニズムは?初心者の疑問を解決!

 

 

FXの事をちょっと知っている人であれば、「FXは売りでも儲かる!」というフレーズを聞いた事がある人もいらっしゃると思います。

そうなんです。

FXの面白いところは相場が下落している時に、売りエントリーを仕掛ければ、相場が下がれば下がるほど儲かるというちょっと面白い仕組みがあります。

ただ、この仕組みですが説明するとやや複雑である上に、ぶっちゃけ理解していなくてもFXで勝つ事はできます。

なぜならやる事はシンプルで、FXは相場が上がると思ったら買いエントリー、下がると思ったら売りエントリーを仕掛けるだけの二者択一のゲームのようなものだからです。方向さえ予測できればそれで優勝です。

これは「DMMFX」の注文画面ですが、やる事は右の買い注文、左の売り注文のどちらかを押すだけです。

ただ、これがFXを行うメリットの1つでもあり、上げ相場の時しか儲けられないとなると、これは時期要因の影響を受けすぎるため、稼げる月と稼げない月にかなりバラツキがでます。

しかし、下落相場でも稼げる仕組みがあれば、方向感が出ている相場なら常にチャンスがあり、収益も安定させやすいからです。

株の場合だと現物取引では「空売り」が出来ないので、上げ相場しか儲からないというデメリットがあります。

FXはいつでも稼げる投資!

「相場が上がると思えば買いエントリー、下がると思えば売りエントリー」

というシンプルな二者択一のゲームみたいなもの!

ここからは補足ですが、「どうして売りでも稼げるのか?」という理屈を知りたい方のために、売りでも稼げる仕組みについて解説します。興味のある人だけ読んでください。

※繰り返しになりますが、理解しなくてもFXの取引に支障は出ません。

〈FXが売りエントリーでも稼ぐ事が出来る理由〉

FXの売り注文で稼ぐというのは、いわゆる「空売り」と呼ばれる手法です。イメージとしては買い注文で稼ぐ事の真逆です。

投資の基本は「安く買って高く売る」ですが、その逆「高く売って安く買い戻す」というのが空売りの正体です。

例えば1ドル100円の時に、証券会社に対して1ドルを売りつけます。ここではドルを実際に持っているいないは関係ありません。形式上、売りつけを行ったという程にしておくイメージ。

すると、トレーダーの手元には100円が先に振り込まれる事になります。

そしてその後相場が1ドル90円に下落すれば、証券会社に対して「この間売り付けたドルを返して!」と買い戻し注文を出します。

もともと1ドル100円の時に売り付けたドルですが、今は1ドル90円なので、90円持っていけば1ドルを買い戻せます。

手元には最初に証券会社から受け取っている100円がありますから、その中から90円支払えば、差額の10円がポケットマネーになりますよね。

これが空売りで稼ぐ事の正体です。

最初の「今目の前に持っていないものを売る」というのが感覚的にしっくりこない気持ちも分かりますが、証券会社としてはそれでもいいんです。

なぜなら逆にそのあと1ドル110円に上昇すれば、買い戻しは110円でしてもらえる事になるからです。100円で売ったものが110円になるので、証券会社はその時10円儲かりますからね。

つまり証券会社と上か下かを当てるゲームをしている感覚です。

FXの仕組み⑤レバレッジって何?

 

 

FX投資を行うと必ず耳にする言葉があります。それが「レバレッジ」です。

なんかすごく難しそうで、かつ危ない言葉のように聞こえますが、実はシンプルで、全く危険なワードではありません。

レバレッジを簡単に表現すると「あなた手元に1万円しか持っていないけど、25万円までの取引していいよ!」という証券会社からのメッセージです。ではなぜレバレッジが必要なのでしょう?

FXは「価格差」を抜いていく投資です。1ドル100円が110円になれば10円の儲けという構造的にはすごくシンプルな投資です。しかし問題があって、たった10円の価格差しかないのなら、「あんまり儲からない」という事です。

だって、1ドル100円から110円に値上がりした時に仮に1ドルしか持っていなかったら利益は「たったの10円」です。そりゃ貰えるだけマシですが、微妙じゃないですか、そんな少額の儲けって。

だから何を考えるのかと言えば、1ドルじゃなくて、100ドル、1000ドル、1万ドルと保有するドルの量をもっと上げようと考えますよね。

そうすれば仮に1万ドル購入しておけば、1ドル100円から110円と10円の価格差でも利益は「10万円」と一気に膨らみます。ここに投資の旨味があります。

しかしここで問題があります。それは1万ドル購入しようと思うと、仮に1ドル100円だとしても日本円で100万円のキャッシュが必要になります。

100円なら投資に回せても、100万円丸々投資に使える人って中々いませんよね?

そこで便利な制度が「レバレッジ」です。

現行の法制度では、あなたが証券会社に入金するお金(「証拠金」と言う)に対して、Max25倍までの取引をしていいという取り決めがあります。

という事は1万ドルを購入するのに必要なお金はたった4万円です。別に100万円投資に回すお金がなくても、4万円入金していれば、実質100万円分の取引が行えるのがFXのいいところでもあります。

<レバレッジは危険!は大嘘です。騙されてはダメ!>

ちなみに「たった4万円の入金で、100万円の取引が出来るなんて危険だ!」と言う人がいますが、完全にそれは誤解です。

だって、証券会社からしてみたら、100万円分の取引をしてもらうのに、必ずしも100万円を入金してもらう必要なんてないからです。

例えば1万ドルを仮に100万円でレバレッジを一切かけずに購入しても、4万で25倍のレバレッジをかけて購入しても、1円の値動きに対するリターンとリスクはどちらも同じです。

1ドル100円が1ドル99円に下落した時に被る損失はどちらの場合も平等に「−1万円」ですよね。

だったら4万円しか入金していない人でも、仮にそこで損切りされたら口座残高が4万円から3万円になるだけなので、証券会社からしたらそれでもOKじゃないですか。

100万入金していた人は99万円になるだけです。

つまりレバレッジをかけていない場合もかけている場合もリスクって一緒です。それなら、出来るだけ少額の資金で取引できた方がよくないですか?

100万あるとしても、4万円を証券会社に預けて、残り96万円は別の事に使えるんですから。

FXの仕組み⑥ロスカットって何?借金を背負うリスク?

 

 

聞いた事がある人もいらっしゃるかもしれませんが、FXには「ロスカット」と呼ばれる仕組みが存在します。これは“強制的に損切りさせられる仕組み”と理解しておきましょう。

FXは先ほど紹介した「レバレッジ」を認めているため、入金している金額以上の取引が可能になります。

100万円分の取引をするのに4万円の証拠金で済むという事は、逆に言えば損失は証拠金4万円までに抑えてもらわないと、証券会社からしたら困りますよね?

よって、最低でも含み損が証拠金4万円を超えるタイミングで、強制的に損切り、ロスカットされてしまいます。

(※実際は証拠金維持率が50%を割り込んだらロスカットになる証券会社がほとんどです。)

仮にあなたが「もう少し粘っていればまた上がってくると思っていたのに!」と言っても、それは聞き入れられません。その場合はもっと証拠金の入金額を増やすしかありません。

また、相場によっては急な変動が起こる事があり、証券会社としても−4万円になったタイミングでロスカットが間に合わず、−5万円のタイミングで損切りさせられることもあります。

この場合は入金している4万円では足りないので、追加で1万円の入金をしなければいけません。これを「追証」と言いますが、事実上の証券会社に対する借金という事になります。

ただ、ロスカットの仕組みは本来「投資家保護」の視点も組み入れられており、証拠金以上に投資家が損失を負う事のないようにというものです。むしろあなたを強制的に守る制度とも言えます。

・ロスカットはリスクではなく安心に投資を続けるためのモノ!

まとめ

 

 

以上、FXの基本的な仕組みについての解説です。

ポイントをまとめると下記の通りです。

①FXは「価格差」「金利差」により収益をあげる投資

②FXは24時間いつでも取引が出来るマーケット

③FXは「売り」でも稼げる投資

④FXには「レバレッジ」「ロスカット」が存在する

以上、第1回目の講座でした!

次の記事→STEP2:やってみて分かった!「FXは勝てる投資である」と断言出来る理由!

 

 

FX初心者であれば、まずは投資をはじめて見る事が大事です!

「習うより慣れろ!」の世界なので、とりあえず実際に投資に触れてみてください。

最初は証券口座を作って、少し取引すればキャッシュバックがもらえるのでぜひ活用してみてください!

ランキング1位
最もオススメなのが「DMM.com証券」です。業界でも最も口座開設している人が多く、王道の証券会社です。業界最狭水準のスプレッドもメリットの1つで、低コストで取引を行う事が可能です。まだFXを始めた事がない!という人はLINEサポートでチャット形式で質問できる所も親切です。迷ったら「DMM.FX」でFXを始めてみてください!
総合評価
取引コスト ドル円で「0.3銭(原則固定)」
通貨ペア数 20通貨ペア
ポイント ・業界最狭水準のスプレッド
・FX口座数 国内第1位の実績

公式ページ

ランキング2位
“スワップポイント(つまり外貨の利息)”で選ぶのであれば、「GMOクリック証券」1択です。デイトレードのような短期投資だけでなく、中長期の投資を行いたいのであれば開設しておきましょう!第1位のDMMと同じぐらいオススメできる証券会社です。
総合評価
取引コスト ドル円で「0.3銭(原則固定)」
通貨ペア数 19通貨ペア
ポイント ・取引ツールの使いやすさ第1位
・スワップポイントが高い

公式ページ

ランキング3位
「外為ジャパン」の最大のメリットは1,000通貨からの少額取引に対応している点。1円動いてもプラスマイナス1000円なので、リスクを最小限に抑えたい人や、デモトレードではなく少額でもいいからお金を動かしてみたい人向けです。DMMグループなので、信頼性も抜群です。
総合評価
取引コスト ドル円で「0.3銭(原則固定)」
通貨ペア数 20通貨ペア
ポイント 少額取引が可能なFX会社
(1000通貨からOK)

公式ページ

ABOUT ME
長尾さん
割と頭はいいけど、社会不適合な人に「もっと好きに生きていいよ。」というメッセージを届けるメディア。①ブログ運営、②資産運用、③働き方について発信中。 新卒で入社した生保を即退職し、国家公務員に転職するも「会社勤め無理」と悟りの境地に達し起業。PCに文字を入力するお仕事でPC10台分ぐらいは稼げてます。勤務地は地球です。※協調性はありません。