資産運用

ウェルスナビで確定申告は必要?特定口座や二重課税、外国税額控除まとめ

ロボアドバイザーとして、資産運用を自動で行ってくれる「ウェルスナビ(Wealthnavi)」ですが、利益を確定して収益が発生した場合、確定申告をして税金を納める必要があるのでは?と疑問に思われる方も多いと思います。

 

税金関係については、「知らなかったから」では済まされないです。万が一、脱税なんてことになってしまっては、せっかくウェルスナビ(Wealthnavi)で資産を増やしても意味ないですからね!

今回は、「ウェルスナビ(Wealthnavi)」に関する確定申告の知識、確定申告をする際に必須となる証券口座の種別(特定口座・一般口座)について、簡潔に説明していきます。

ウェルスナビ(Wealthnavi)で運用する投資商品(特に海外のETF)においては、二重課税で損をしている場合もあるので、正しい確定申告の知識を身につけて、1ミリも損をすることのない資産運用を行っていきましょう。

<ウェルスナビの公式サイトはこちら>


ウェルスナビ(Wealthnavi)で利益確定したら確定申告は必要?確定申告が必要な人は?

 

 

「ウェルスナビ(Wealthnavi)で利益が発生した場合、確定申告を行い納税をする義務があるのか?」

 

まず結論ですが、ウェルスナビを申し込む際に選択した口座の種別によって確定申告の必要の有無は変わってきます。

口座の種別に関しては、①特定口座(源泉徴収あり)、②特定口座(源泉徴収なし)、③一般口座の3種類があります。

この中で「①特定口座(源泉徴収あり)」という口座を選択して申し込みをすれば、自分で確定申告を行い、納税の手続きをする必要はありません。これは証券会社であるウェルスナビ側が、あなたに代わって税務署に納税を行ってくれるという種類の口座だからです。

資産運用で得た収益に対しては、一律で20.315%の税金が発生しますが、利益が出た場合はこの税金分を差し引いてあなたの口座に振込されるため、自分自身でわざわざ納税する必要はありません。

自分自身で確定申告を行い納税を行うのがわずらわしいという方は、申し込みの際に「特定口座(源泉徴収あり)」を選択して申し込みを行ってください。

 

・ウェルスナビ(Wealthnavi)公式サイト

注意!こんな人は確定申告が必要!

 

 

先述した通り、「特定口座(源泉徴収あり)」を選択して資産運用をしていれば、確定申告を行う必要はありません。

しかし下記の5点に該当する方は、ウェルスナビのどの種別の口座を選択していたとしても確定申告が必要となります。

 

確定申告が必要な人

①給与の年間収入金額が2,000万円を超える人

②2つ以上の会社から給与支払いを受けている人 

③自営業やフリーランスで事業所得が38万円以上の人

④マイホームを購入して住宅ローン控除を受ける予定の人

⑤年間の医療費が10万円を超えた年に医療費控除を受ける予定の人

 

これは、国が定めている基準で、確定申告を行わなければならない人の要件です。この他にも確定申告が必要となる場合がありますが、詳しくは国税庁のHPを参照してください。

 

ウェルスナビ(Welthnavi)の口座種別!特定口座と一般口座の違いは?

 

 

ウェルスナビ(Wealthnavi)の口座の種類ですが、大きく分けると「特定口座」「一般口座」の2種類に大別されます。これは、ロボアドバイザーの口座種別というより、証券口座自体がこのように別れています。株やFXなどもそうです。

そして、特定口座はさらに2種類に分けられ、「特定口座(源泉徴収あり)」「特定口座(源泉徴収なし)」と選択できるようになっています。

ここでは、各証券口座の種別について説明します。

①特定口座(源泉徴収あり)

 

 

まず1つ目の口座ですが、「特定口座(源泉徴収あり)」です。

すでに先述しておりますが、この「特定口座(源泉徴収あり)」を選択しておけば、投資家に代わってウェルスナビ(Wealthnavi)が納税を行ってくれます。つまり投資家自身がわざわざ確定申告をする必要がありません。

これは源泉徴収と呼ばれる仕組みで、サラリーマンの方にかかる税金を会社が代わって納めてくれている仕組みをイメージしてもらえれば分かりやすいと思います。

一般的に投資で収益が発生した場合は、収益に対して20.315%(所得税15%+住民税5%+復興特別所得税0.315%)の税金を支払わなけれななりません。しかし、「特定口座(源泉徴収あり)」を選択している場合は、発生した利益に対してかかる税金を差し引いた状態で投資家の口座に入金がされます。

10万円の利益が出れば、20,315円分の税金を差し引いた79,685円が入金されるという仕組みです。

このように利益確定した後の入金額が税金を差し引いたものであるため、投資家自身が確定申告を行い納税をする必要がありません。わざわざ自分自身で確定申告を行い、納税をする必要もないので、一般の方はこの「特定口座(源泉徴収あり)」を選択して申し込みをしておくことが一番いいと思います。

・ウェルスナビ(Wealthnavi)公式サイト

「特定口座(源泉徴収あり)」を選択しておけば確定申告は不要!

②特定口座(源泉徴収なし)

 

 

次に2つ目ですが、「特定口座(源泉徴収なし)」という口座種別です。こちらは同じ特定口座でも源泉徴収なしのタイプになるため、投資家自身が確定申告を行う必要が生じます。これが源泉徴収ありのタイプの特定口座との決定的な差です。

しかし、確定申告をする際に必要な「年間取引報告書」の作成はウェルスナビ(Wealthnavi)が行ってくれます。これは年間の取引のプラスマイナスを集計した書類で、損益の通算を行った書類というイメージです。

しかしそれなら、「確定申告が不要な特定口座(源泉徴収あり)の方がいいじゃん!というか、源泉徴収なしの特定口座なんて何のメリットがあるの?」と思われる方もいらっしゃると思います。

しかしちゃんとメリットがあります。それは“再投資の問題”です。

確定申告が不要な「特定口座(源泉徴収あり)」を選択した場合、利益を確定した段階で、その都度20.315%の税金を納めなければなりません。

一方、「特定口座(源泉徴収なし)」を選択しておけば、最終的に納税をする時期(確定申告の時期は毎年2月中旬〜3月中旬)なので、そこまでは資金を自由に使うことができます。

資金を自由に使えるということは、再投資に回すこともできるので、年間で通して見たときにパフォーマンスがよくなる可能性があります。

確定申告をわざわざ自分でしなければならないというデメリットもありますが、納税時期まで資金を手元に残して自由に投資に回せるメリットがあるため、玄人の方はあえて「特定口座(源泉徴収なし)」を選択される方もいらっしゃいます。

 

③一般口座

 

 

最後は「一般口座」です。一般口座の場合は特定口座と異なり、源泉徴収の有無を選択することが不可能です。と言うよりも、源泉徴収なし一択です。

一般口座は「年間取引報告書」の作成も投資家自身で行います。当然確定申告も自分で行うことになります。

つまり、3種類の口座の中では最も初心者にとってハードルの高いタイプの口座ということになります。年間で複数回の取引があれば、全てのデータを集計する必要があるので、はっきり言ってものすごくめんどくさいです。正直オススメもできません。

もともと一般口座が存在する理由は、特定口座を開設できるのは個人だけと決まっており、法人向けに用意されているからです。なので、やはり個人で作成する分には一般口座を選択するメリットは一切ありません。特定口座のどちらかを選択しましょう。

ウェルスナビ(Wealthnavi)の特定・一般口座比較まとめ

 

 

それでは最後にウェルスナビ(Wealthnavi)の口座の違いをまとめた一覧表を記載しておきます。基本的には個人の場合は「特定口座(源泉徴収あり)」を選択することになると思いますが、メリット・デメリットを改めて確認した上で申し込みをしてください。

 

特定口座(源泉徴収あり) 特定口座(源泉徴収なし) 一般口座
確定申告 不要 必要 必要
年間取引報告書 ウェルスナビ(Wealthenavi)が作成 ウェルスナビ(Wealthenavi)が作成 自身で作成
資金回転率 利益確定の度に課税 確定申告を行い、納税するまでは資金を自由に使える 確定申告を行い、納税するまでは資金を自由に使える
その他 初心者には最もオススメ 再投資をしたい人向け  法人等以外メリットなし

 

・ウェルスナビ(Wealthnavi)公式サイト



自分のウェルスナビ(Wealthnavi)の口座を確認する方法

 

 

すでにウェルスナビ(Wealthnavi)を申し込んでいる方の中には、自分がどのタイプの口座で申し込んだのかを確認したい人もいらっしゃると思います。

申し込みをした段階では特に意識せず、何を選択したのかを覚えていらっしゃらないという方も少なくありません。

しかし、本来確定申告をしなければならない方(「特定口座(源泉徴収なし)」もしくは一般口座を選択された方)であるのに、確定申告を忘れてしまうという自体になってしまうと、後になって税務署の調査が入るなどして、追徴課税を迫られるリスクがあるので、きちんと確認しておきましょう。

自分自身の口座を確認する方法は下記の通りです。

 

①まずはウェルスナビ(Wealthnavi)のマイページにログインして、画面右上にある「お客様番号」をクリックしてください。

②下の方にスクロールすると、契約状況が見られるのでその中の「口座の種類」と記載されているところより、ご自身の口座のタイプを確認してください。ここで「特定口座(源泉徴収あり)」となっていれば、確定申告をする必要はありません。

ウェルスナビ(Wealthnavi)で特定口座(源泉徴収あり)に変更する方法

 

 

ウェルスナビ(Wealthnavi)を申し込んだ時点では、「特定口座(源泉徴収なし)」あるいは「一般口座」を選択したものの、やっぱり確定申告を行うのが大変であると感じる方は多いです。

その場合は、自身の口座の種別を「特定口座(源泉徴収あり)」に変更する方法があります。

もし口座の種別を変更したい場合は、ウェルスナビ(Wealthnavi)のマイページより「問い合わせ」を行い、「特定口座(源泉徴収あり)」に変更したい旨を連絡してください。

後日変更に必要な書類が送付されてくるので、必要事項を記載して返送することで変更手続きが可能です。

ウェルスナビ(Wealthnavi)のマイページの管理画面の中だけで変更手続きを完結することはできないので注意して下さい。

ウェルスナビ(Wealthnavi)の対応はかなり迅速で、問い合わせを送ってから翌営業日ぐらいには返信がくると思いますので、指示にしたがって変更手続きを行ってください。

また、口座の種別の変更のタイミングですが、期間中(1月〜12月)にETFなどの取引があった場合はその年に変更を行うことはできず、翌1月から変更が適用となるので注意が必要です。つまり「特定口座(源泉徴収なし)」を選択していて、その年に利益が発生している場合は確定申告をしなければいけません。

・「特定口座(源泉徴収あり)」に変更したい場合はウェルスナビ(Wealthnavi)に直接問い合わせが必要(オンラインのみの手続きは不可)
・口座種別の変更がされるタイミングは翌年の1月以降になる場合がある

ウェルスナビ(Wealthnavi)から出金した時に税金は発生する?

 

 

ウェルスナビ(Wealthnavi)の証券口座から、自分の銀行口座に出金をした場合に税金は発生するのか?

この疑問ですが、税金は発生しません。当たり前の話ですが、銀行口座に資金を移動させる行為そのものに収益性の発生する要素がないため、税金が発生することはありません。

「特定口座(源泉徴収あり)」の場合であれば、そもそも税金が引かれた状態で証券口座に入金されるので、もちろん税金は発生しないです。

また、「特定口座(源泉徴収なし)」や「一般口座」の場合でも、最終的に確定申告をして納税しますが、その際に銀行口座に出金したかどうかは支払う税金に一切影響を及ぼしません。

これは税金の発生主義の原則により、課税されるタイミングというのは収益が発生した時点なので、投資の場合は利益確定のタイミングであり、銀行口座に出金したタイミングではありません。

この点も確定申告をする際に、間違った申告をしないように注意してください。

・ウェルスナビ(Wealthnavi)から銀行口座に出金しても税金は発生しない

ウェルスナビ(Wealthnavi)の二重課税を外国税額控除(確定申告)で取り戻す!

 

 

ここからはウェルスナビ(Wealthnavi)を利用して、海外の投資信託等を購入する予定のある人・あるいは既に買い付けを行っている人が該当する「二重課税」について説明します。

ウェルスナビ(Wealthnavi)等のロボアドバイザーは、海外の投資信託等を自動的に買い付けたり、売却したりします。その際に、配当収入等が発生するのですが、この時に海外からも税金が徴収されます。

ウェルスナビ(Wealthnavi)の取り扱う投資信託は、米国のものになるので、米国の税金が10%かかります。これは日本国内で課税される20.315%の税金とは別に発生するものになります。

この状態だと、米国にも税金を支払い、さらに日本国内でも税金を支払うことになるので、二重課税と呼ばれています。この二重課税の不利益を解消するため、確定申告を行うことによって、米国課税分10%分を取り戻すことができます。

確定申告がもともと必要である「特定口座(源泉徴収なし)」と「一般口座」の場合は、確定申告時に調整すれば済む話なのですが、確定申告が不要である「特定口座(源泉徴収あり)」の場合は、そのままにしておくと二重課税となり、投資家にとっては不利益となるわけです。

この二重課税についてはウェルスナビ(Wealthnavi)も確定申告をすることで、還付を受け取ることが可能であると言っています。これを外国税額控除と呼びます。

 

特定口座(源泉徴収あり)の取引では、当社にて税金の計算や納付を行いますので原則必要ありません。

特定口座(源泉徴収なし)もしくは一般口座のお取引では、原則、お客様にて確定申告を行っていただく必要があります。
なお、大変恐れ入りますが、確定申告の詳細につきましては、所轄の税務署にご確認をお願いいたします。

また、特定口座、一般口座にかかわらず、ETFの配当は米国内で租税条約に基づいた税率で源泉徴収されており、差し引かれた金額に対して日本国内で課税されています。この二重課税を調整するための外国税額控除を適用されたい場合は確定申告が必要になります。

詳しくはこちらでもご確認ください。

国税庁の外国税額控除の説明ページ
https://www.nta.go.jp/taxes/shiraberu/taxanswer/shotoku/1240.htm

 

しかし、実際のところはこの二重課税を解消するために確定申告を行う人は少ないです。そもそも確定申告をする手間を省くために「特定口座(源泉徴収あり)」を選択しているのに、結局確定申告をしなければいけなくなるというのはぶっちゃけめんどくさいですからね。

さらに、投資家があえて確定申告を行わない理由としては、「還付される税金が少額であるから」という理由もあります。ウェルスナビ(Wealthnavi)を使って自動運用をされる方は、100万円程度の運用である人が多く、配当収入と言っても数千円です。

つまり少額返ってくるだけなので、数百円を取り戻すために確定申告をするのも面倒くさいというのが本音なのです。

1円たりとも損したくない!!という人や、収益そのものが数十万円出ているような場合は確定申告をすればいいのかと思います。

「確定申告なんて言葉を聞いただけで蕁麻疹が出る!!」という方は、やはり申し込みをする際には「特定口座(源泉徴収あり)」を無難に選択しておき、ウェルスナビ(Wealthnavi)側に運用から税金まで丸投げしちゃうのが楽チンだと思います。

・二重課税は確定申告を行えば解消できる(外国税額控除)
・利益が少額であれば、確定申告をする手間の方が重い場合もある
・とりあえず「特定口座(源泉徴収あり)」を選択しておくのが無難

・ウェルスナビ(Wealthnavi)公式サイト

ウェルスナビ(Wealthnavi)の確定申告の方法・年間取引報告書のダウンロード方法

 


ウェルスナビ(Wealthnavi)の「特定口座(源泉徴収なし)」、もしくは「一般口座」を選択した人及び、「特定口座(源泉徴収あり)」を選択していても、外国税額控除を受けて二重課税を回避したい人は確定申告が必要です。

また、利益ではなく、損失が出ている場合でも確定申告を行った方がお得になる事もあるので少し注意が必要となります。

もしウェルスナビ(Wealthnavi)以外でも株取引などを行い収益が発生している場合などは、確定申告を行う事でウェルスナビ(Wealthnavi)で受けた損失とその他の投資で得た収益を損益通算する事が可能となります。結果的に利益圧縮されるので、納税金額を抑える事ができるのです。

そして逆もまた然りで、ウェルスナビ(Wealthnavi)で収益が発生していて、普通の株取引で損失がある場合でも確定申告をする事でやはり損益通算をする事が可能です。

もちろんこの場合の確定申告は別に義務でも何でもないので、しなかった場合は税金を払いすぎてしまうというだけですが、金額によってはやはり勿体ない場合が出てくるので、確定申告の必要性を考えてください。

ウェルスナビ(Wealthnavi)の確定申告の方法

確定申告をする場合は、所管の税務署に直接行くか、自宅からインターネット経由でe-Taxを使って申告する方法があります。

個人的にはわざわざ税務署に行くのも時間がかかるので、e-Taxを使ってサクッと申告する事をオススメします。指定の様式に、収益や損失を入力して申請し、期日までに納付する(還付の場合は還付を受ける)だけです。

具体的な手順については、e-Taxに従ってください。

ウェルスナビ(Wealthnavi)から年間取引報告書をダウンロードする方法

 

 

確定申告をする際には「年間取引報告書」が必要となります。

「年間取引報告書」については、ウェルスナビ(Wealthnavi)の公式HPからマイページにログインをして、ダウンロードします。電子交付されているので、郵送などで送られてくる事は原則ありません。(一般口座の場合は自分自身で作成する必要があるので注意が必要です。)

手順は下記の通りです。

 

①まず画面上部の「取引履歴」をクリック。

「電子交付サイトへ」をクリック

③「全て」ではなく「その他信書」を選択する

あとは特定口座の場合であれば、ウェルスナビ(Wealthnavi)が投資家の代わりに年間取引報告書を作成してくれているので、ダウンロードするだけです。

ウェルスナビ(Wealthnavi)で確定申告をする際の注意点

 

 

最後に、ウェルスナビ(Wealthnavi)に関連する確定申告の注意点をまとめておきます。

「特定口座(源泉徴収あり)」を選択していたとしても、二重課税の回避のために外国税額控除を受ける場合や、その他の投資と損益通算をしたい場合は確定申告が必要となります。

しかし、メリットがあると思って確定申告をした場合でも、思わぬ落とし穴に引っかかって、逆に損になる場合もあるので注意してください。

特に最も注意しなければならないのが、

 

・配偶者控除が受けられなくなる可能性

・国民健康保険の料金が上がる可能性

・介護保険料の値上がり

 

です。

 

損失を計上する場合はいいのですが、利益を計上する場合は、所得の増加ということになりますので、各種社会保険制度等にも影響が出てきます。

せっかくウェルスナビ(Wealthnavi)で得た収益に関連する税金を控除できたとしても、所得の増加により、配偶者控除などが減らされてしまっては本末転倒、場合によっては逆に損してしまうということも考えられます。

控除の減少や社会保険の値上がり=可処分所得の減少ということになってしまうので、ご自身の年収等をちゃんと計算した上で、確定申告した方がメリットがあると感じた場合は確定申告を行うようにしましょう。

まとめ

 

 

これからウェルスナビ(Wealthnavi)を始めようという方、あるいは既に自動運用を行っている方にとって税金関係の知識はかなりネックになってきます。特に確定申告をしなければいけない場合などは、煩わしさを感じることもあると思います。

ただ、基本的に「特定口座(源泉徴収あり)」を選択して申し込みをしておけば、税金の手続きに関してはウェルスナビ(Wealthnavi)側が勝手に行ってくれるため、個人で自動運用をお考えの方は、そこまで気を揉む必要はありません。

税金関係で個人でやらなければいけないことは本当にないです。

それよりも、手持ちの預金に余剰がある場合や、投資を始めたいけど何からスタートしていいか悩んでいる方は、ロボアドバイザーであるウェルスナビ(Wealthnavi)から始めてみるといいと思います。自分自身で難しい売買の判断をしなくて済みますし、時間を取られることもありません。

今なら最初の1ヶ月分の手数料がキャッシュバックされるキャンペーンもあるので、まずは1ヶ月様子を見て慣れるところから始めてみるのもいいかもしれません。

忙しいあなたの代わりに、少しずつお小遣いを稼いでくれるウェルスナビ(Wealthnavi)で、明日のランチを少しリッチにしてみましょう。

・ウェルスナビ(Wealthnavi)公式サイト



ABOUT ME
長尾さん
割と頭はいいけど、社会不適合な人に「もっと好きに生きていいよ。」というメッセージを届けるメディア。①ブログ運営、②資産運用、③働き方について発信中。 新卒で入社した生保を即退職し、国家公務員に転職するも「会社勤め無理」と悟りの境地に達し起業。PCに文字を入力するお仕事でPC10台分ぐらいは稼げてます。勤務地は地球です。※協調性はありません。