仕事論

【完全決着】「仕事辞める=逃げ」は洗脳!いつまで奴隷続けるの?

・仕事を辞めることってやっぱり逃げなの?
・仕事を本気で辞めたいけど、逃げてる感じがモヤモヤして後に引きずりそう…

正直仕事を辞めたいけど、「仕事を辞める=逃げ」と捉えてしまい、中々踏ん切りがつかない人は少なくありません。

しかし、断言します。堂々と逃げてください。

誰もそれを許してくれないなら僕が許します。

というか人生なんて9割ぐらい逃げていいですよ。

そもそも私自身も、過去には逃げまくった経験があります。

新卒で入社した生保を1年で退職

転職した公務員も退職

ブロガーとして起業(今ここ)

民間社畜からも逃げて、公僕からも逃げて、終着点は社長ですからね。笑

てか僕の場合ほとんど続いているものはないです。

友達にも唯一続いているのは中学生から読み続けているONE PIECEぐらいだねって言われましたからね。

確かに毎週ジャンプのネタバレをこっそり見ることは10年以上続いている。

今回はそんな社会不適合者でもある僕が、「嫌な仕事からは完全に逃げ切ったほうがいい理由」を世界一ロジカルに解説します。

これを読んだら逆に自信を持って逃げることができます。

<キャリアコラム>

今の仕事に何らかの不満がある人は、一度自分の市場価値を測定してみましょう。

ミイダス(MIIDAS)というツールを使えば、『あなたの適正年収はズバリ640万円です!』といった具合で、今の自分の値打ちを知る事が出来ます。(無料)

「仮に今会社を辞めたら、自分にいくらの価値があるんだ?」

「もしかして会社に買い叩かれて搾取されていない?」

このような思いがある人は、パンドラの箱を開けてみてください。

▶︎MIIDAS(ミイダス)公式サイト


▶︎ミイダスについて詳しく知りたい方向け!評判や口コミなどを徹底解説

「仕事を辞める=逃げ」ってどこの宗教の経典の一文なんだろ?

正直、今こうやってブログ記事を読んでいるあなたは間違えなく「会社を辞めたい」と思っています。

だけど、そんな時に心の中で囁くもう一人の自分の声が気になる。

「仕事を辞めるのは逃げじゃないの?」っていう声が。

だけど、まずは本当の自分の気持ちを整理したほうがいい。正直このまま今の仕事を続けて1年後、いや直近1週間後でもいいけど「生きててよかった!」って心から言えますか?

毎日週末の休みだけを楽しみにして過ごし、日曜の夜になると気分がブルーになる。その連続があなたの人生だって考えた時にゾッとするんじゃないですか?

だったらもう答えは出ている。仕事を辞めることが逃げかどうかとかどうでもいい。そもそも「なりたくない自分」になる未来をおめおめ歩き続けること自体が正解なわけないですからね。

と言うより、そもそも「仕事を辞める=逃げ」って完全に洗脳ですからね。会社側が自分たちに有利なようにこっそり浸透させたプロパガンダみたいなものだから。

それを間に受けた親とか学校とかが、幼少期のあなたに刷り込みを無意識にかけてきてるだけのことです。

「どんな困難でも乗り越え、逃げずに立ち向かう人が立派」みたいなこと言って。

でもそれが文字通り正しいなら、今奴隷として使われている人も奴隷やり続けなきゃダメってことですよね?逃げずに立ち向かわないといけなくなる。でもこれが正しい理論なわけない。

「逃げること=悪」みたいに捉えちゃう人はもっと本質から考えた方いいよ。

そもそも今いる場所が自分にとってふさわしいのかどうかから考えた方がいい。思考は常に一番抽象度の高いところから考えないと、一番大切なものをうっかり見落としちゃいます。

だから「石の上にも3年」とかも間に受けない方がいい。あれも洗脳だから。

“そもそも自分が乗っている石って大丈夫?”って視点が抜けすぎでしょ。ぐらぐらの石の上に必死にバランス取りながら3年も乗っかる修行に意味あるかな?それならしっかりした土台になりそうな石を探す旅に出るのが先でしょ。

乗る石を自分で選択する自由が僕たちにはある。




嫌な仕事を辞めるのは逃げというより体温調節

本題に戻りましょう。

そもそも仕事を辞めるって、別に逃げとかじゃなくて体温調節みたいなものだと思うんですよね。

人間の身体って体を守るために、外的環境に合わせて勝手に温度調節してくれるじゃないですか。暑かったら汗をかいて体温下げてくれるし、寒かったらブルブル震えて体温を上げてくれる。

仕事を辞めることは心の温度の調節だと思った方がいい。脊髄反射よりも早く無意識で辞められるぐらいの方が防衛能力って観点からするとむしろいいぐらい。

「ヤベェ」って思ったら、これ以上心の温度がおかしくならないようにサッと非難することは大事。体温でも上がりすぎても下がりすぎても身体を壊す原因になるので、心の温度調節もそれぐらい大事だよ。

心が死ぬのは嫌でしょ。

だからヤバい会社とか嫌な会社を辞めるって選択は、呼吸することの次ぐらいに自然に出来る方がいい。生命体としての生存確率を上げられる。生命体として優秀であるべき。

それに「ヤベェ」って思ったその直感を大事にした方が絶対にいいです。

「迷ったら直感に従え!」ってあるじゃないですか。これって心理学的にも科学的にも証明されていることです。基本人間の脳みそって悩んで出した答えより、直感で決めた方が上手くいくって作りになってる。

デートとかでもそう。

必死に食べログとかでサーチしたレストランよりも、ぶらっと歩いていて「ここ良さそう!入ってみる?」って入ったカフェの方が満足度が高かったりするじゃないですか。本を選ぶときでも、パッっと目に入ってきた本って当たり率高いですしね。

人間の脳みそは結構神秘的な作りになっているので、第六感に従うのはある意味人生の成功法則ですよね。

だから「辞めたい」ってシンプルに心が感じたならそれが正解。後から理屈で「辞めない方がいい理由」をこねくり回しても、結局第六感には勝てない。

そもそも仕事を辞めるのは逃げなんて完全に後付けの理屈でしょ。そんな絶対的な真理ありましたっけ?




仕事を辞めることが逃げだとして何?成功者はみんな逃げてるよ

そうそう、そもそも仕事を辞めたいと思ったのであれば逃げた方が上手くいく理由って歴史的に見ても明らかなんですよね。

だって成功者の人生とか見返してみても、大体逃げまくってますよ。

例えば大富豪で有名なユダヤ人も迫害から逃げ続けているし、経済大国であるアメリカだってルーツを辿れば移民の国です。日本を変えたと言われる坂本龍馬とか脱藩浪士でしたからね。

だから根本的に逃げるってことは、成功しようと思ったら絶対に経験しないといけない条件でもある。

っていうか、成功する人の特徴の1つは「自分に最適な環境を探し続ける努力が出来ること」なんでしょうね。ここじゃ上手くいかないな!って見極める目と、その後の行動が早いことが特徴。

それに、そもそも「固定」ってあんまりプラスになることはないですよ。

カップルの関係でもそうじゃないですか。付き合ったばかりはワクワクするのに、時間が経って同じことの繰り返しになると急に冷め出す。だからマンネリ化なんて言葉が出現して、固定をネガティブに捉えるようになりますよね。

仕事でもそうで、毎日オフィスで仕事してる人がホテルでこもって仕事すると急に捗り出すってよくある話。

これは「環境の変化=エネルギー」って構造が出来ているからでしょうね。だから会社を辞めて、別の環境に身を置く行為自体にエネルギーが働くから結果的にいい方向に向かいやすいんですよ。

だから転職は「善」です。




仕事を辞めるのが逃げ?人間が成長するタイミングだと思う件

 

「仕事を辞める=逃げ」って考えちゃう人は、もう少し逃げることに関してポジティブに考えた方がいい。

これって漢字の作りを見ると面白いですが、「逃」って”しんにょう”に”兆し”じゃないですか。だから意味としては元々ポジティブ。ただ、しんにょうって足を意味してるからこのままだとダメ。手辺をつけてあげて「挑む」って字にすると優勝です。

兆しを手でキャッチする感覚ですね。

だからまずは「逃げ」でいい。その後「挑む」ことにつなげればいいんですよ。シンプルに漢字もそれを教えてくれてる。

それに、実は人間って逃げている時が一番成長するタイミングですからね。それは成長法則の1つに「何かを捨てる時に人は成長する」というものがあるからです。

例えば学生時代とかでもスポーツで勝てないって分かれば勉強に打ち込むって選択が出来ますよね。スポーツを思い切って捨てたおかげで、勉強に一点集中が出来るから成長も早い。

仮にスポーツを捨てる勇気を持てずに、変に文武両道!とかやり始めてエネルギー分散させても両方コケる可能性高いじゃないですか。

仕事でも一緒です。

結局ね、嫌な仕事って自分に合ってないんですよ。だから早く捨てる勇気を持つのが大事。そうすれば、それ以外の事に目を向けられるようになって、結果的に自分がハマりやすいものに到達する確率が上がります。

逃げた方が成功に近いんだから、むしろ自信を持って逃げるぐらいの感覚が正常です。

それに、世の中の成功法則の1つに「逆算の法則」と呼ばれるモノがあります。これは常に環境が先だって事です。

例えばまだビジネスのプランが決まってなくてもオフィス借りちゃうとか。先に環境を整えてから、後で足りないものを身につける。こうやって常に半歩先に自分を連れて行けるといいよね。

転職はある意味「環境を整える行為」です。だから逃げじゃなくて、「こうなりたい!」って自分に近くための先手打ちみたいなイメージでしたらいい。そこに後から自分を連れて行くイメージです。

結局ね、「意思+環境=将来の自分」って方程式なんですよ。




会社を居場所と決めた瞬間に手段が目的化するだけ!

会社を辞める事が逃げだと考えて、今の会社に残留を決める人がいますが本当にそれだけは辞めた方がいい。残る選択を理由こそポジティブなモノじゃなきゃ逆にダメでしょ。

そもそも、会社を居場所と決めたら、その瞬間に手段が目的化しちゃうから精神衛生的にも絶対よくない。心の中が不衛生。

だってそうじゃないですか。例えばその会社で正直「売りたくもないなー」って思っている商品があったとしても、その会社の社員ってポジションありきだと、どうあがいても売ることを心の中で正当化しなきゃいけなくなっちゃう。

「いやでも、これを売る事が“会社としては”正しいんだ!」って、後付けで理屈つけて心を納得させる。自分の心に小さな嘘をついてね。

でもこの代償って結構でかいじゃないですか。自分のホンネに従えず、小さな嘘で心を捩じ曲げる行為って人の心を時の経過と共に腐敗させていく強烈なパワーがありますからね。

単なる手段である仕事が目的になっちゃうと、自分でも何が本当に正しいのか分からなくなっちゃうから危険だよね。

あっ、あと会社を辞めようとすると「それは逃げだ!」「裏切りだ!」って言ってくる人いるけど、これもロジックは終了しているので無視した方がいですよ。

そういう事言っている人は、自分に「会社を辞める」と言う選択肢がないから、必死に今の自分を正当化したいだけの心理です。

転職が逃げだとか悪だとかゴチャゴチャ言っちゃうのは、新しい選択肢を手に入れる事を放棄した人間の姑息な言い訳なので、そっちの世界にはどうか引きずり込まれないでください。強力なマイナスエネルギーがあるので。




まとめ:仕事における嫌なことなんか全部逃げればいい

まとめですが、結論は「仕事を辞めたいと思った瞬間に秒速で逃げろ」です。

第六感信じて後悔する事ってあんまりないから、それが正解です。と言うより、自分で決断した時点で絶対にその選択は正解になりますからね。

・残業や長時間労働→逃げていい

・嫌な人間関係→逃げていい

・親や教師の価値観→逃げていい

・社会の常識→逃げていい

・会社そのもの→逃げていい

自分のホンネに従って意思決定した時点で“勝ち”ですよ。それを忘れないでください!

ただし、転職は“少しでも”その気になって考えた瞬間が勝負ですよ!少なくとも転職サイトの登録ぐらいは済ませておきましょう!

転職サイトについてはいつでも登録できますが、ストレスや疲労が限界に達すると登録する気力するすら根こそぎ奪われます。

気になる求人をストックしておくだけでも「転職という選択肢」が持てるので、心の安定にもつながります。

転職サイトについてはもちろん無料で登録できます。あなたの条件にあった新規求人や転職可能なおすすめ求人がメールで届くので、今すぐに転職できなくても登録はしておくべきですよ!

転職サイトはいくつかありますが、業界でも最大手の「リクナビNEXT」が一番おすすめです。

・リクナビNEXTの公式サイトはこちら


p.s

冒頭で紹介した、あなたの市場価値を診断してくれる無料ツール「ミイダス(MIIDAS)」について

現状のキャリアの状況やバックグラウンドを入力するだけで、自分の値打ちを適正年収と言うリアルな数値で知ること出来るツールです。

あなたは市場価値が高い人材かもしれないですし、思っているより低いかもしれないです…

気になる方はミイダスを使って自分の「市場価値」と向き合ってみてください!

▶︎MIIDAS(ミイダス)公式サイト


▶︎ミイダスについて詳しく知りたい方向け!評判や口コミなどを徹底解説

ABOUT ME
長尾さん
割と頭はいいけど、社会不適合な人に「もっと好きに生きていいよ。」というメッセージを届けるメディア。①ブログ運営、②資産運用、③働き方について発信中。 新卒で入社した生保を即退職し、国家公務員に転職するも「会社勤め無理」と悟りの境地に達し起業。PCに文字を入力するお仕事でPC10台分ぐらいは稼げてます。勤務地は地球です。※協調性はありません。