資産運用

「現金払い」は無駄ぎる?お金が貯まらない若者がこぞって楽天カードを使い始めたわけとは?




・正直どれだけ頑張ってもお金が貯まらない…

・毎月貯金しようと計画してるけど、結局出費がかさんで目標未達成…

将来の賃金が上がる保証もない、年金が貰えないかもしれない、そんな昨今「若いうちからなんとかお金を貯めておきたい!」と考えている人に伝えたいことがあります。

それは「やみくもに節約して、貯金計画を立ててもお金はたまらないよ」ということです。

正直今の時代、若い世代は現実的で将来の金銭的な不安への焦りから、かなり貯蓄思考になっています。

30代になれば結婚もして、子供も生まれて益々お金がかかる。給料も上がっていく保証はないし、年金だって当てにならないから「頼れるのは現ナマだけ、お金がないと心配」という不安が頭の中をグルグル回りますよね。

でも、頑張って貯金しようとしても、思わぬ出費が重なることも多く、中々計画通りに行かず、ますます金銭的な不安は大きくなるばかりではないでしょうか?

そうこうしているうちに時間だけが過ぎ、銀行口座の残高は全然増えていかない現実に焦りを感じてしまうのは無理もないことだと思います。

そこで今回は、中々お金が貯まらない若者に向けて、「お金を貯めるために必要な貯蓄以外のもう1つの視点」について、FP資格を有する僕が徹底解説していきます。

この記事を読めば、「そうか、その手があったか!」と”アハ体験”が出来ますよ!

この記事で分かること

・断言します!やみくもに貯金を続けてもお金は貯まっていきません!

・最大の鍵は「支出」を活用すること!

・楽天カードこそ最適解!ポイントの有効活用方法を実体験から解説!

それでは解説していきます。

<楽天カードの公式サイトはこちら>


残酷な現実!頑張って貯金しようとしてもお金は貯まりません。

 

 

まず、若い人たちには“大変残念なお知らせ”です。

あなたがこのまま「頑張って貯金するぞ!」と意気込んでも絶対にお金は貯まりません。これは受け入れ難いかもしれないですが真実です。

だってよく考えてみてください。

このまま年齢が上がっていくにつれて、ますます出費は増えていきますよね?

恋人がいればプレゼントしたりするのにお金がかかるし、結婚するってなればそれこそ何百万単位で大きな支出がスタンバイしています。子供が生まれれば、養育費に生命保険に、大きな車に、今より広い家が必要になってくる。

どう考えたって、生活に必要な支出は右肩上がりで増えていくに決まっています。今でもお金が中々貯まっていかないにも関わらず、将来はお金が貯まるというのは、どう考えても無理がありますよね。

頼みの綱は“昇給”ですが、バブル時代はとっくの昔にジ・エンドしています。働き続けていれば給料が倍々ゲームで増えていくようなことはもうありません。

結論、どう考えたってお金が貯まっていくわけないんです。貯まったとしても、毎日スーパーの半額セールの品物ばかりを買ったり、欲しいモノを妥協しまくって捻出した数万円ぐらいのものです。

でも、そんな妥協と将来不安ばかりの人生って何かお先真っ暗で、ブルーな気持ちになるので、正直嫌ですよね?

重要なのは1%の利息とその使い方

 

 

では、そんなどうあがいてもお金が貯まっていかない壊滅的な未来を乗り越えるために大事なことは何か?

それは『1%のポイントを軽視しないこと&ポイントを賢く使う術を身につけること』です。

具体的には支払い方法をクレジットカードに完全統一して、毎回の消費から生まれる1%のポイント還元という名の利息を軽視しないこと。そして、貯めたポイントを賢く使いこなすことで、貯金から支出をしなくても済むように工夫することです。

そもそも、この現代社会の構造を考えても支出そのものを減らすことは至難の技であり、昇給が見込めない状況下においては、毎月の給料からシコシコ貯金をしようとしても絶対に行き詰まります。

「無い袖は触れない理論」が働くので、少ない給料から無理やりお金を捻出しようとしても限界があります。

それならいっその事、絶対に逃れる事が出来ない「消費」を、出来るだけ効率よく行う事の方が遥かに貯蓄効果が見込めますし、何より無理なく貯蓄が出来るという点においては最高のソリューションとも言えます。

実は楽天カードが最適解である!

 

 

じゃあ、どのクレジットカードを作ればいいの?という話ですが、今大学生以上の若者から絶大な人気なのは「楽天カード」です。

楽天カードは年会費・入会費が無料であり、あらゆる買い物に対して1%のポイントが帰ってくる最強のクレジットカードです。

だからシンプルにあなたがやるべきステップは3つだけ。

①「楽天カード」を発行する

↓

②普段の消費を楽天カードに完全統一する

↓

③楽天ポイントを貯めて、日常の生活支出に当てる

ものすごく簡単です。これだけで、普段の消費の1%が強制的に貯金に回せているのと一緒の効果ですよね?年間で300万ぐらいは消費をすると思うので、約3万円は強制的にポイント貯蓄が出来ちゃうのはかなりお得です。

・楽天カードの公式サイト


楽天カードのポイントを有効活用した体験談

 

 

かくゆう僕も楽天カードのヘビーユーザーです。大学生から楽天カードを使い続け、さっきポイント明細を確認してみたところ「約18万円分の楽天ポイント」を貯めていました。

楽天ポイントは、使い道が豊富なので、実質的に現金で18万円貯めているのと意味は一緒です。

ここでは僕自身が楽天ポイントを実生活の中でどうやって有効活用しているかという実例を紹介していきます。

①楽天市場でそのままポイント支払いが可能

貯めた楽天ポイントは、「1ポイント=1円」のレートでそのまま楽天市場の買い物に使う事が出来ます。楽天市場はいわゆる萬屋ですので、食料品から家具まで何でも手に入ります。普通に買い物する費用に当てれば、その分手持ちの貯金を減らさずに済むのでかなりお得です。

もっとも王道的なポイントの利用方法と言えます。

②楽天Edyに交換して、コンビニや美容院での支払いに当てる

貯めた楽天ポイントは、電子マネー「楽天Edy」に交換する事が出来ます。楽天Edyに交換すれば、コンビニの支払いに当てる事も出来ますし、最近では美容院の支払いもEdyに対応しているところがあるので、生活費にそのまま当てる事が出来るのも魅力です。

楽天Edyなら、他にもスーパーやカフェ、飲食店、自販機など使える箇所が山程あるのでお得です。

ちなみに、Edy機能は楽天カードにそのまま付帯できるので、余分なカードをもう一枚増やす心配もありません。

③楽天ポイントを使ってふるさと納税

楽天市場はふるさと納税にも対応しています。そのため、貯めたポイントを使ってそのままふるさと納税をすれば、実質的にポイントで税金を収める事が出来ます。

ポイントを活用して節税をすれば、手持ちの貯金を守ることも出来るのでかなりオススメです。

④その他ポイントの有効活用方法

その他にも楽天ポイントには様々な使い道があります。代表的なのは下記の通り。

・楽天トラベルでの支払いに当てれば旅行の宿泊代が浮く!

・楽天モバイルでの支払いに当てれば、通信費が浮く!

・ANAマイルに交換すれば飛行機代に化ける!

・ポイントを使って積立投資をすれば、資産運用だって可能!

あなたに合ったポイントの使い方を楽しんでください。

・楽天カードの公式サイト


【年会費無料】楽天カードは発行すればポイントが貰える!

 

 

楽天カードは、正直なところデザインが微妙というデメリットを除いては最強のクレジットカードです。

年会費&入会費も永久に無料ですし、対応している国際ブランドも多く、1枚持っておいて損はないカードです。

しかも、初回発行キャンペーンで「5,000ポイント」がプレゼントされるので、そのポイントを獲得するだけでも十分に価値があります。

まだ発行していないという人は、本当に勿体ないので、サクッと発行してまずはポイントを獲得して、買い物を楽しんでみてください!

・楽天カードの公式サイト


ABOUT ME
長尾さん
割と頭はいいけど、社会不適合な人に「もっと好きに生きていいよ。」というメッセージを届けるメディア。①ブログ運営、②資産運用、③働き方について発信中。 新卒で入社した生保を即退職し、国家公務員に転職するも「会社勤め無理」と悟りの境地に達し起業。PCに文字を入力するお仕事でPC10台分ぐらいは稼げてます。勤務地は地球です。※協調性はありません。