仕事論

【ここは中学校か】新人研修初日に社会に絶望した人が即やること3選




「俺なら出来る!これから社会で活躍してやる!」

こんな風にイキりにイキりまくり、ほんの少しの不安と大きな期待で社会に飛び込む新入社員の純粋な心をいきなり打ちくだくのが「新人研修」です。

先日ですが、メガバンクに就職するも、あまりのブラック社風に絶望して、その後成功してメディアにも取り上げられた大学時代の友達に会って来ました。

そこで聞いたのが三井住友銀行がいかにブラックなのかってことと、新人研修から速攻社会に絶望したって話です。

新人研修当日は、いきなり新入社員が並ばされ、スーツ、ネクタイ、髪型を先輩行員がチェックする所からスタートする。

新入社員の同期の中で鍵を無くした人がいたら、どうしたら紛失を防げるのかをみんなで話合う。(当然、連帯責任で研修のグループ全員がガチ詰めされます。)

その時に「ここは中学校か。」と冷静に思ったという話を聞いて盛り上がってました。笑

僕も新卒では生命保険会社に入社しましたが、その時の自分の新人研修を思い出して「全く同じだ。」と思って、謎に意気投合していたのがつい最近です。

そこで今回は、入社して早々に社会に絶望した新人のあなたに向けて、『新人研修初日に社会に絶望した人が即やること』を解説していきます。

《転職に少しでも興味があるなら必見!》


新人研修は洗礼にすぎない!今後あなたを待ち受ける未来を切実に予想すべし

 

 

新人研修で、まず”大きな違和感”を感じる一方、ほとんどの人は「この研修を乗り切れば何とかなる!」となぜか楽観的に考えます。

きっとまだ信じたくないって気持ちが働くからです。就職先選びにまさか自分が失敗したなんて、入社して数日で認められる人なんてほとんどいませんからね。

ただ、その考え方は完全に甘いです。みたらし団子よりも、甘納豆よりも甘い。

なぜなら、今あなたが経験しているその状態こそが実はもっとも“緩い”からです。

そもそも、企業が新人研修を行う目的から考えたほうがいい。最初に厳しくしておくことで、そこを1つの基準にしておきたいって意図があるに決まってる。

つまり、「最初の研修に比べれば、〇〇なんてへっちゃらだ!」みたいに社員のマインドを操作したいだけのこと。

だから裏を返せば、これから先も辛い事をさせるって宣言してるみたいなもんだし、ぶっちゃけこれから先の方がもっと辛いです。そう、今よりもね。

※実際、本チャンで配属されてからの仕事の方がありえないぐらい苦痛で、「新人研修に戻りたい。」とすら思えちゃうレベルです。人間の感覚はここまで麻痺すると思ってください。笑

新人研修で人生に絶望した人の末路が悲惨な件

 

 

しかし、そんな新人研修を受けて社会に絶望し、焦ってジタバタしたところで何も人生は好転しません。

それどころか、日に日にストレスや悩みがジェンガみたいに積み上がっていき、最後にどこかで崩壊してしまうのがオチです。

精神的な疲労と肉体的な疲労でボロボロにになると、今まで仲良くしていた友達も「あっ、こいつ触れたらヤバそう!」と直感的に判断されるようになり、周りから人がいなくなります。

また、覇気の無い人間は異性からも相手にされないので、生涯孤独って可能性も浮上し始めます。

そのまま30代、40代と年を重ねるにつれ、「俺の人生は一体どこで狂い始めたんだろう。」と昔の事を思い出すと、きっと新人研修を思い出して、一人孤独に涙がこぼれ落ちる未来だってイメージできますよね。

典型的な人生負けパターンの公式にはまっていく”社畜”の完成です。

新人研修は人生を考え直す最高の機会!改めて人生の目標を再設定すればいい

 

 

では、そんな壊滅的な未来を回避するためにはどうすべきか?実はやるべき事はたった1つ。

『焦らず、自分自身としっかり向き合い、腰を据えて人生の目標を再設定する。』

これだけです。え?それだけ?と思わないでください。30代以降に人生に絶望している人は大概これが出来てないです。

とりあえず今を何とかしのぎたい!という直近の結果にだけとらわれ、肝心の今後の人生について深く考えていないです。

激しいストレスがそうさせているのかもしれませんし、ついつい「自分ならどこかで人生を変えられる!」とおごりが出ているのかもしれません。

そういった気持ちを卒業することが、20代の新入社員の課題です。




新人研修を終えた後(初日)に即やるべきこと3選

 

 

では、人生に絶望している新入社員が『焦らず、自分自身としっかり向き合い、腰を据えて人生の目標を再設定する。』ためにすべき事は何かを紹介していきます。

全て実体験から、「あの時こうすべきでなかった..」「あの時こうしておいてよかった!」と思ったものを厳選して3つ紹介していきます。

①大学の同級生と連絡を取るのは辞めておく

大学の同級生で、同じように新入社員研修を受けている人と連絡を取るのは辞めましょう。

基本的に傷の舐め合いでしかなく、運が悪いと「ウチの会社の研修めちゃくちゃ楽だった!今から研修終わりに同期で飲みに行くところ!」なんて返信されると、猛烈に気持ちが落ち込むのがオチです。

周囲の人間に連絡しても、まず状況は好転しないですし、悪化するリスクすらあるので、絶対に辞めましょう。

②同期で同じような違和感を感じた人と仲良くなっておく

同期の中で、自分と同じように新人研修に「違和感」を感じている人と仲良くなっておくべきです。

大体そこで意気投合できる人は、本質的に価値観が合致しているため、悩みも共有しやすいし、いざ会社を辞める時でも有益な人間関係になります。

僕も生保を辞めて公務員に転職しましたが、僕より先に会社を辞め公務員に転職した同期から公務員事情をもらっていたぐらいなので、実は今後の人生でキーパーソンになる事が多いです。

冒頭で紹介したバンカーも、研修の時に愚痴を言い合った事がきっかけで仲良くなり、その後時を経て全員で退職して共同起業するなど、会社を辞めた後も続く人間関係を築いていますからね。

③逃げ道を作っておく!気持ちで折れないための工夫が大事

理不尽な新人研修を乗り越える強いハートも大切ですが、心がへし折られないように「逃げ道」を確保しておく事も大事です。

僕の場合は、新人研修が始まり「あっ、この会社ヤバい…」と察知してから一回目の休憩のタイミングでスマホを取り出し転職サイトに登録するという、ギネス級のスピード感で人生の方向転換の舵取りをした経験があります。笑

別に転職サイトに登録したからといって、すぐに転職できるわけではないですが、「俺はいつだってやめようと思えば辞めれるから!」「よし、同期で一番最初に手を打った。俺より危機管理能力が高いやつはいないな。」と謎に自信を持つ事ができるので、精神的な支えになりました。

転職サイトについてはいつでも登録できますが、ストレスや疲労が限界に達すると登録する気力するすら根こそぎ奪われます。

気になる求人をストックしておくだけでも「転職という選択肢」が持てるので、心の安定にもつながります。

転職サイトについてはもちろん無料で登録できます。あなたの条件にあった新規求人や転職可能なおすすめ求人がメールで届くので、今すぐに転職できなくても登録はしておくべきですよ!

転職サイトはいくつかありますが、業界でも最大手の「リクナビNEXT」が一番おすすめです。

・リクナビNEXTの公式サイトはこちら

まとめ:人生はリスクヘッジしながら攻めよう!

 

 

いま人生に悩んでいる新入社員の方は、ぶっちゃけ納得できない事が仕事をしていれば山程あると思います。

だけど、まだ自分のやりたいようにやる実力もなければ、会社を辞めたら食っていけなくなると言う弱みを完全に握られている状態ですよね。

そんな時は、今はとりあえず耐えるしかないけど、「絶対にこんな奴隷みたいな環境を変えてやるからな!」と強く誓う事が大事です。

しかし、いきなり会社を辞めたりはできないと思うので、転職サイトで求人をストックしてリスクヘッジをしたり、あるいは副業をするなどして、自分でお金を稼ぐスキルを磨く事で、組織への依存度を下げていく事が重要です。

大事なのは「本気で辞めたくなったら、いつだって辞められる状況を作る」ことです。少しずつ、計画的に自分の人生を見つめ直していきましょう!

ABOUT ME
長尾さん
割と頭はいいけど、社会不適合な人に「もっと好きに生きていいよ。」というメッセージを届けるメディア。①ブログ運営、②資産運用、③働き方について発信中。 新卒で入社した生保を即退職し、国家公務員に転職するも「会社勤め無理」と悟りの境地に達し起業。PCに文字を入力するお仕事でPC10台分ぐらいは稼げてます。勤務地は地球です。※協調性はありません。