仕事論

営業を辞めたい新卒に届け!1年で退職して公務員になった体験談!

 

当サイトおすすめエージェント3選

▼当サイトおすすめの転職エージェントはこちら!迷ったら「リクルートエージェント」で無料相談!▼

オススメ1:リクルートエージェント
業界最大手の転職エージェント&求人数No.1!転職先の選択肢がもっと広がる

オススメ2:マイナビエージェント
第二新卒や20代の転職に圧倒的強み!ホワイト企業の扱いも多い

オススメ3:DODA(デューダ)
非公開求人に圧倒的な強み!年収をグッとあげたい人向け!

新卒(新入社員)1年目の方の多くの方が、

・営業ノルマがキツすぎてもう無理…

・営業がここまでしんどいとは思わなかった…

・正直営業の仕事辛すぎ、会社辞めたい

と感じているのではないでしょうか?

文系出身であれば、最初は営業に配属されることがほとんどですから、新卒で入社して速攻挫折してしまう人は少なくありません。

しかしその一方で、

新卒カードを切って入社した会社を辞めるのは勿体ないのでは?

営業を辞めたいなんて甘えなのでは?

と自分の正直な気持ちとは裏腹に、多くの悩みを抱えながら日々の生活を送っている人は多いと思います。

そこで今回の記事では、新卒1年目で営業を辞めて転職した僕が、入社1年目の今まさに考えて欲しいことを紹介していきます。

新卒で地獄のような営業をさせられ、毎日が絶望に感じているのであれば、スパッと辞めて次を探すのも1つの手です。

幸いにも「第二新卒」の枠を使えば、一旦キャリアをリセットすることは出来ます。

第二新卒は未経験業界&未経験業種への転職に強いので、今のキャリアをガラッと変える事だって簡単です!

第二新卒の転職を成功させるコツですが、プロの転職エージェントを使い倒しましょう。

おすすめのエージェントは、「マイナビエージェント」です。

マイナビは第二新卒のキャリアチェンジにめっぽう強く、営業から事務職、営業の少ないIT業界など複数の提案をしてくれます。

マイナビを味方に付ける事で、あなたの転職成功率がグッと上がりますよ!

▶︎マイナビエージェント【公式ページ】


関連:プロが教える第二新卒におすすめの転職エージェント7選【経験者が全て語る】

関連:【総務・人事・経理】管理部門別おすすめ転職エージェント8選【比較済み】

関連:文系出身の第二新卒が転職を成功させるための全知識!営業以外にも道はあります

関連:第二新卒なら公務員より民間を狙え!20代後半からでも公務員は目指せます

新卒の営業は辛い!1年目で辞めたいと思う理由

新卒1年目の配属で営業の仕事を任され、あなたと同じように「辞めたい。」と考える人は少なくありません。

正直言えばほぼ全ての同期が、

「営業なんか辞めてやりたい!!」

と毎日苦痛に感じながら会社に足を運んでいるものです。

しかし、なぜこれほどまでに営業の仕事は辞めたくなるのでしょうか?

一度その理由をきっちり整理してみましょう。

会社の理不尽さを叩き込む事が目的の1つになっているから

そもそも、新卒1年目の社員にまず営業をやらせるのには、大きな理由があります。

それは、「会社という組織の理不尽さを受け入れさせること」です。

過激な営業系組織あるあるですが、

・達成不能なノルマをあえて与える

・契約がもらえるまで帰社を許さない

・同期全員契約取れるまでみんなで話し合い

といった、無理難題を与えることで、学生上がりのお子ちゃまに、まずは洗礼を浴びせます。

しかし、ある意味これは理不尽への耐性をつけさせる儀式でしかないですから、真っ当な人間は100%疑問を持つものです。

「あれ、もしかして宗教団体?」
「今後も理不尽は続くってことだよね?」

といった感じで、組織に対する不信感がグングン上がっていくのです。

ここで洗脳される聞き分けのいい子は問題ないのですが、実際はほとんどの人間は苦痛に感じますよね。

営業という業種は、ある意味理不尽さを叩き込むには抜群の相性ですから、企業は最初に営業を経験させます。

「どうだ、お客様は冷たいだろ?」

「営業してると理不尽なことがあるだろ?」

「それに耐えるのが社会人だぞ!」

といった感じで、シレッと刷り込みをかけてくるのです。

ただ、こういう事をやっている会社は当然ブラック企業です。

なぜなら、自分の会社でも理不尽なことが蔓延しているがゆえ、最初に理不尽に対する耐性をつけさる必要があるからです。

「ヤバ、それこの会社のことじゃん…」と思った方は、早めに対処法を考えた方がいいですよ。

ブラック企業の搾取は死ぬまで続きますからね!

関連:新卒で合わないと感じたら第二新卒で転職を考えよう!辞める勇気を持たないと死ぬまで搾取は続く

新規開拓のほとんどが”お断り”に決まっているから

新卒で任される営業のほとんどが「新規開拓」です。

アポなしでいきなり、

「いつもお世話になります。この4月からこのエリアを担当させていただく事になりました〇〇です。本日はご挨拶に伺いました。」

といった定型文に従い、神風特攻隊のように突っ込んでいきます。

しかし、この定型文も完全に支離滅裂ですよね…

・別にお世話してもらってもいない
・こっちの都合でエリアを担当しているだけ
・挨拶に来てなんて頼まれてもいない

といった状態ですから、どう考えても迷惑行為です。笑

当然そんな事をしても絶対に断られるのは目に見えています。

そもそも、ネットで何でも情報が手に入る昨今、いい商品であれば勝手に売れます。

しかしそこをあえて飛び込みで売らなければいけない時点で、

・商品自体がゴミすぎる
・詐欺的トークで丸め込むしかない

のどちらかですよ。

普段からそんな商品を取り扱わなければいけないわけですから、辞めたくなるのはごく当たり前のことなのです。

関連:飛び込み営業が辛いから辞めたい!売り込まなければ売れない商品は所詮ゴミです

生保の営業を辞めたい!と心から思った新卒の思い出

ではここからは、僕自身が新卒1年目に心の底から「辞めたい」と感じたエピソードを書き記しておこうと思います。

需要があるのかは分かりません。

でも、きっと似たような境遇の人はいるだろうから、少しでも私の経験が何かしらの後押しになればいいと思います。

あれは確か、入社して新卒研修を終え、支店に配属されて1週間も経っていなかったと時の話です。

当時、同期一人一人にメールボックスが割り当てられたのですが、ある事件が起きました。

時刻は確か22:00を回っていたかな。

私は一足先に会社を出て、職場近くで夕食を食べていたら、同期のグループラインに1通のメッセージが飛んで来たのです。

「西○(同期の名前)がメールボックスの鍵を無くした。営業部長がガチギレしている。とりあえず同期全員支店に戻れ。」

もう一度言います、時刻は22:00を回っています…

そして、全員が揃った段階で(すでに23:00)ガチ説教が始まります。

「二度とこんな問題が起きる事のないように、同期全員で対策を考え、報告書を作成しろ」

と、いわゆる個人の責任を連帯責任へとすり替える、組織お得意のお家芸が開催される流れになったのです。

正直、個人の鍵の管理の問題なんて集団で解決する問題ではないです。。

この瞬間思ったことは、「ここは小学校かな…」ということでしたね。

結局徹夜して絞り出した答えは、営業に出かける前にチェックシートをつけるという小学生レベルの解決策。

(案の定一週間もしないうちに、二度目の鍵紛失事件が起きましたが。笑)

さらにその日から、同期全員で「職場付近の道路の清掃活動を無期限で行うことを上司に誓う」という完全に理不尽の極みのような宗教活動が始まることになります。

朝の6:00から大阪の道頓堀の清掃です。

これが入社後の研修を終えてからわずか一週間程度の出来事でした。

私はこの辺りから、ダメだこの会社…と諦め、シレッと転職活動を始めるようになったのです。

関連:新卒で入る会社を間違えた人は早く転職すべし!60日で人生は変わる

新卒(新入社員)で営業を辞めたいと感じる人はほぼ全員

はっきり言います。「新卒だけど営業の仕事はもう辞めたい!」と考えるあなたの感情は正しいです。

新卒1年目で会社を辞めた私のポジショントークなのかもしれないけど、その思いには心から共感できます。

新卒で入ったばかりであれば、

「会社を辞めるなんて甘えではないか?」
「ミスマッチで辞めるのはどうなのか…」

と不安な気持ちになりますが、まずは辞めたいと思う気持ちに素直になればいいですよ!

そもそも新卒入社なんて、完全にガチャです。

回して見るまで中身は分からないですから、当然ハズレを掴まされることだってありますからね!

関連:転職するか迷う20代必読!就職なんて高校生の恋愛と同じ次元ですよ。

そんな時は潔く諦めることだって大事です。

「しまった、ババを引いてしまったか…」と割り切り、スパッと次に進む方が絶対に幸せになれます!

新卒1年目なのに営業を辞めたいは甘え!と考える人こそ甘え

「営業が合わないから辞めたい。」
「営業が辛いから辞めたい。」

新卒1年目であれば当然このような感情が生まれてくるでしょう。

確かに、甘えと言えば甘えかもしれないです。

でも、相手がブラック企業であれば我慢するだけ自分が損ですし、どうせ長く続かないなら早く辞めた方がお得なのは言わずもがな。

関連:新卒で最悪のブラック企業に入社して辞めたい!転職のコツ&注意点を教える

それに、仮に甘えだからと言って、甘えで辞めて何が悪いんだって話です。

いいですか、この世には甘えを理由に辞めちゃダメなんてルールはないですよ!

実際に新卒の3人に1人が3年以内には辞めていきますが、みんな第二新卒で人生をリセットしてやり直し、最終的には幸せになっていますからね。

甘えで辞めて幸せになれるなら、普通に甘えた方がお得だと思いませんか?

関連:新卒で仕事辞めたいは甘えです!しかし転職してもOKな理由を教える

営業を辞めたいと一度でも感じた新卒がやっておくこと

新卒で入った会社を辞めたいな…と思った人は、まずは自分の気持ちに素直になることが大切です。

新卒で退職しても、第二新卒で転職することは可能ですし、文系でも営業以外に潜り込むことは割と簡単です。

関連:文系出身の第二新卒が転職を成功させるための全知識!営業以外にも道はあります

今すぐ転職するのは怖いな…と思う人でも、最低限転職活動の準備だけはしておくべきですよ!

「自分はいつでも辞められるんだ」

という心の余裕を持つことは、自分のメンタル管理の上でもめちゃくちゃ大事ですからね。

転職活動を始める時のポイントですが、とにかくプロの力を借りて、無駄のないスマートな転職活動をすることがポイントです。

具体的には転職エージェントと言われる、あなたと企業をマッチングしてくれるサービスを使い倒せるかどうかが重要になってきます。

転職エージェントは求職者が転職に成功した際に、採用先の企業から一定の報酬を貰う仕組みになっているため、あなたに金銭的負担は一切ありません。

転職活動を考える時は、まず無料の転職エージェントに登録する事をオススメします。

というのも、転職は求人探しから履歴書・職務経歴書の作成など、準備に手間がかかります。

転職エージェントを使えば、書類作成の支援、あなたに合った求人の紹介等、転職を0からサポートしてくれるので、1人で転職をするより、はるかに簡単に転職をする事が出来ます。

オススメの転職エージェントは「マイナビエージェント」です。

マイナビエージェントは業界でも大手で、他社の転職エージェントには無い独自の非公開求人を多く持っているのが特徴です。

知名度のある転職エージェントであり、非公開求人の数も業界最多、年収や待遇が良い会社の求人を多く持っているのが特徴です。

収入を上げるため、キャリアを磨くため、外資系企業にチャレンジしたいなどの希望はもちろん、

「転職回数が多くてとにかく不安」

「短期離職持ち、無職からの転職で職歴に自信がない」

「もうブラックは嫌。6時のチャイムで帰れる会社がいい」

といった様々なニーズにも、専門のエージェントがしっかり応えてくれます。

転職サイトについてはいつでも登録できますが、ストレスや疲労が限界に達すると登録する気力するすら根こそぎ奪われる事になるので今のうちにチェックしておいてください。

気になる求人をストックしておけば「転職という選択肢」が持てるので、心の安定にもつながりますよ!

『マイナビエージェント』の登録は下記の公式サイトから申し込みが出来ます。

・マイナビエージェント公式【3分で登録完了】


3分ぐらいで登録できますし、一回登録して仕舞えばすぐに求人がチェックできるようになります。

書類作成もエージェントの力を借りればすぐ終わり、面接までスムーズに進められますよ!

関連:プロが教える第二新卒におすすめの転職エージェント7選【経験者が全て語る】

関連:【総務・人事・経理】管理部門別おすすめ転職エージェント8選【比較済み】

ABOUT ME
長尾さん
更新中