仕事論

仕事に行きたくない!休みたい!辞めたい!と思った時の対処法9選!

はあ..もう仕事に行きたくない。
仕事休みたい。失うものがないなら即辞めたい。。。

朝起きると毎日憂鬱に感じたり、仕事の事を考えるとナイーブな気持ちになる人は少なくありません。

今回は「仕事に行きたくない!」と思っている人に対して、仕事に行きたくないと思った時の対処法について解説していきます。

この記事の内容

・仕事に行きたくない理由の正体

・仕事に行きたくないと思った時の対処法9選

・仕事に行きたくないと本気で思う事はSOSのサイン

・仕事に行きたくないと思うのは甘えでも何でもない

「仕事に行きたくない!」と思う人は、この記事を読む事で上手に対処していただき、今のナイーブな気持ちを少しでも和らげてください。

仕事に行きたくないと感じる理由!原因がわからない人必見!

 

 

「今日は仕事に行きたくない。」と思う人や、「毎日仕事に行きたくない。」と思う人まで仕事に行きたくないと感じる頻度に差はあるものの、会社員の人が仕事に行きたくないと感じるのには理由があります。

「仕事に行きたくない!」と感じる理由は基本的に下記のどれかに当てはまります。

 

・過重労働

・仕事が向いていない

・職場の人間関係

・本質的に雇われる事に向かないタイプ

 

働きすぎてしんどいという理由、好きでもない仕事をやらされるストレス、一緒にいたいわけでもない同僚や上司と過ごす苦痛な時間「仕事に行きたくない!」という気持ちを誘発させる事があります。

また、ごく稀にですが「本質的に雇われる事に向かない」というキング・オブ・社会不適合者の人もいます。

この場合は根本的な解決策は「雇われの人生に終止符を打つ」しかありませんので、組織に依存しないカタチで収入を得るスキルを磨く事に注力してください。まずは“ブログで稼ぐ”というハードルの低い所から挑戦する事をおすすめします。

仕事に行きたくない原因の大半は実は人間関係!?

 

 

仕事に行きたくない!と感じる理由を4つ紹介しましたが、実際のところ仕事に行きたくないと感じる理由のほとんどは「人間関係」に集約されます。

どれだけ業務量が多くても、自分のやりたくない仕事をしている場合であっても、同じ職場にいる人間と過ごす時間が楽しいと感じられるものであれば、仕事に行きたくない!と感じる事はあまりありません。

職場の人間と一緒にワイドショーのネタで盛り上がったり、職場のグチを適度にこぼしあったり、一緒にランチに出かけたりと、業務以外の場で楽しい事があると、仕事そのもののストレスは意外と感じにくいものです。

部活とかでもそうですよね。

基本的に走り込みや筋トレそのものはキツイですが、一緒にプレイするメンバーと馬鹿やったり、ご飯食べに行ってアホな話していると、“しんどさ”ってどこか中和されるものです。

もしこの中和剤としての人間関係が不十分な職場にいるのであれば、長続きさせる事は厳しいかもしれません。どれだけストレス解消の趣味を仕事以外に見つけたとしても、最後は息苦しさから逃れられない可能性が高いからです。

いつでも職場を辞められるように、転職活動を水面下でスタートさせておくほうが無難かもしれません。

仕事に行きたくない!と思った時の対処法9選

 

 

致命的な理由でない限りですが、「仕事に行きたくない!」と感じる気持ちについては、これから紹介する対処法のどれか自分に適合したものを試すだけかなり緩和されると思います。

一番自分に当てはまりそうなモノをチョイスして実践してみてください。

①たかが仕事と明白に割り切る思考に切り替える

 

 

1つ目の対処法ですが、思考法を変えましょう。

真面目な人になればなるほど、不必要に仕事に対する義務感や責任感を感じてしまい、精神的に参ってしまいやすい傾向にあります。

でも、どこまで行こうが仕事は仕事。所詮は仕事です。「仕事=人生」ではないはずです。そこまで深く考える必要は本来全くありません。

適度な”不真面目さ”というのが時に大事で、精神的に参りやすい人は毎朝家を出る時に「たかが仕事に行ってきます!」と一言添えて家を出るぐらいで構いません。

「言葉=言霊」なので、脳は無意識に朝発声した言葉を記憶し、自分をプラスの方向に持っていく事ができます。少しスピリチャルですが、やらないよりやったほうが断然マシです。

意識は小さなところから徐々に変えていくのがコツです。

②不真面目でいいよ。サボる技術を徹底的に磨く努力をする

 

 

会社員生活をストレスなく送るコツは?と聞かれた時、真っ先に出てくるのが「サボる技術」です。

処世術や仕事効率化とかそんなのは後回しです。最初に身につけるべきは実は“いかにうまくサボるのか”という事に尽きます。何でもいいですよ、要は真面目にやりすぎない工夫です。

外回りの営業マンならありえないぐらい手を抜く(パチンコ行く、家に帰るとか。笑)、内勤ならトイレの回数をあと3回増やすとか。笑

もうこのぐらい手を抜く技術をこっそり身につければ、思いつめる事はほぼ無くなります。会社から洗脳される事も無くなりますし、「ぶっちゃけ仕事なんてこんなもんでしょ。」と開き直りすら生まれます。

ポイントは「サボっている事を絶対にバレない事。」です。当たり前ですが。いいんですよ、仕事なんて適当にやっておけば。笑

社会不適合者連盟の終身会長(自称)である僕のアドバイスです。

③人は人、自分は自分というマインドを意識する

 

 

仕事で自分を追い詰めたり、仕事の事でショックを受けやすい人は「他人との比較」を無意識に行っている傾向が強いです。

「あいつはいつも仕事が早い。それに比べて自分は…」

とマイナスな気持ちになりがちです。

でも、人は人、自分は自分です。会社は色んな人がいて、それぞれ役割も違いますし、得意不得意も違います。その中で仕事の出来る出来ないで差が出るのはしょうがない事です。仕事が出来ない、覚えられない事を人と比べる事はもう辞めましょう。

「私は私だから、俺は俺だから。」というマインドを身につけると、何もかも吹っ切れた状態になります。その方が圧倒的に人生の幸福度も高いので、全体的にプラスになると思います。

④社外の人との交流を増やす

 

 

仕事に行きたくない!という会社における問題は、会社の中だけで解決しようとするべきではありません。むしろ、社外に解決策を探すべきです。

そこで有効なのが、会社の中の人間ではなく、社外の人間との交流を積極的にとる事です。

正直言いますが、会社という組織は宗教的要素がかなり強いです。その会社の中でしか使われない意味不明な共通言語や、組合活動など外部から見れば洗脳でしかないよなーと思う事も沢山あります。

そしてそれは社内にいる限り自分では分かりません。社外の人に指摘してもらう事で、「これは自分の会社が独特何だな。」と気付きを得る事ができ、その度に思考がクリアになります。

自分が悩んでいる事が、その会社独特の宗教儀礼であると分かれば、その瞬間にどうでもよくなります。一気に吹っ切れる感覚もその時初めて芽生えてきます。

⑤相談できる上司がいれば思い切って相談する

 

 

もし何か特定の悩みが原因で「仕事に行きたくない」と感じているのであれば、自分の気持ちを正直に上司に相談してみてください。

これは難しい事のように思えますが、上司の方もいざ本気で相談受けると親身に考えてくれる事も多いです。普通の人間であれば、相談されて完全にフル無視なんてことは出来ません。心が痛まない方がおかしいです。

最初の一歩を勇気を持って振り絞ってみてください。

もし相談しても、一切取り合ってくれる気配がなければ、その時はプランBでいいと思います。退職を前提に、速攻で転職活動をはじめてください。「そういう会社なんだ。」とあなた自身もその時にはもう気付けているはずです。

⑥仕事を辞めた時の事を鮮明にイメージする

 

 

仕事に行きたくない!と思った時は、仕事を辞めたらどうなるのか?を一度リアルにイメージしてみてください。

すると意外かもしれませんが、「ぶっちゃけ仕事とんか辞めてもどうかなるな。」という未来が見えます。こういう事を考える時に必ず心配するのが金銭面の問題ですが、お金の事が不安だから仕事を辞められないという事は決してありません。

実際、僕自身も20代で2回退職を経験し、最後はブロガーとして独立していますが、これでも十分生計を立てられています。それどころか、収入は跳ね上がりましたし、自由な時間も明らかに増えました。

正直今の仕事を辞めても、稼ぐ方法はいくらでもありますし、転職する事は今の時代難しい事でもありません。

「仕事なんていつ辞めたっていいしな。」というマインドセットが心の内側から湧き上がって来ると、仕事で悩む事がありえないぐらい激減します。(実際本当にそうですからね。)

⑦朝の習慣を整える

 

 

「仕事に行きたくない!」と思うタイミングが毎回朝に限定されているのなら、それは一時的なメンタルの問題です。朝の習慣を整える工夫をする事である程度は改善されます。

コツは「毎朝同じ事をする」という事です。

人間の脳みそは基本的に習慣で動くように出来ているので、歯磨きをするのと同じぐらい無意識に会社に行く感覚を落とし込む事がポイントになります。

 

・起きる時間

・朝食の時間

・新聞を読む時間

・着替える時間

 

これらの習慣を行う時刻を決まった時間に必ず行うようにし、その一連のフローの延長線上に出社を持って行きましょう。何も考えなくとも家を出るのが普通になるイメージです。

ある種の自己洗脳ですね。笑

⑧睡眠をきちんと取ることを心がける

 

 

仕事で抱えるストレスの対処法としては鉄板ですが、やはり「睡眠」はかなり大事です。

朝起きて眠さを感じるだけで、明らかに「会社に行きたくない。」という気持ちに火が付きます。最低でも一日6時間の睡眠を心がけてください。

すごくシンプルな事ですが効果抜群なので、しっかり睡眠をとってください。

⑨仕事以外の場所に楽しみを作るようにする

 

 

仕事の悩みというのは、仕事単品の問題ではなく、必ず日常生活と複雑に絡み合っています。

プライベート面を改善することも立派なメンタル管理の1つです。仕事以外の場所に楽しみを持てるように積極的に工夫をしてください。

おすすめなのは映画みたり、ドラマ見たりするというシンプルな事でいいと思います。僕もサラリーマン時代はそうやって強制的にプライベート面に楽しみを作る工夫をしていました。

「Amazonプライム」であれば、映画、ドラマ、バラエティなど見放題ですし、音楽や書籍も読み放題かつ、即日配送無料の特典も付いていて月額たった400円ですのでオススメです。今なら30日間の無料体験期間もあり、微妙だと思えばいつ辞めてもいいので、試しに無料体験してみるのもいいと思います。

・Amazonプライムの無料体験はこちら

どうしても仕事に行きたくない!と感じたら休むのも1つの選択肢

 

 

「どうしても仕事に行きたくない。」と感じるのであれば、もういっその事仕事を休んでしまうというのも非常に有効な手の1つです。

実際に僕自身も公務員時代に、強烈に仕事に行きたくないと思い、年休申請をした経験があります。完全に社会不適合者の鏡です。笑

しかし、この経験から語れる事は、仕事なんて休んでしまえば大した事ないな。という事です。と言うより、「行きたくないから」というごもっともな理由で休んでいるにいい感じで酔える感じです。酷いなw

ただ、一度この経験をしておくと、仕事というものに対する考え方がリセットされます。これで精神的に少しでも楽になれるのならコスパは悪くないはずです。

仕事に行きたくない!と吐き気を感じるのは辞めるタイミングのサイン?

 

 

「仕事に行きたくない!」と感じた時の対処法をお伝えしてきましたが、正直吐き気がするレベルまで追い込まれているのであれば、それは仕事を辞めたほうがいいというサインかもしれません。

はっきり言って、人間の精神を極限まで追い込むような職場というのは救いようがありません。

もしかしたら会社が改善される事もあるかもしれませんが、それがいつなのかも分からないですし、結局他人任せなだけです。それなら、いっその事自分で仕事を辞めるという勇気ある決断をする事も視野に入れてください。

環境さえ変えれば今抱えている悩みの大半は吹っ飛ぶというのは、僕も経験上間違えない事だと確信しています。仕事を辞めるという選択肢ほど、仕事に行きたくないという悩みに対してふさわしい薬はありませんからね。

最後に:仕事に行きたくない!と感じるのは甘えではない

 

 

以上、「仕事に行きたくない!」と感じた時の対処法についてです。何か実践できるものがあれば実践して見てくださいね!

あと、「仕事に行きたくない!」と思ってしまう自分を決して責めてはダメです。普通に仕事に行きたくないと思うのは自然な事で、僕なんて1時間おきぐらいのスパンで思ってましたから。(仕事しながら仕事行きたくないと思ってました。笑)

その気持ちで退職して、一度は公務員への転職を成功させれましたし、そのあと独立まで果たす事ができたのは、シンプルに「仕事に行きたくない。」という本音と真っ向から向き合ったからです。人生を変えるきっかけとしては十分すぎる動機です。

それがいいのか悪いのか道徳観、価値観の議論は不毛なのでしないですが、確実に言える事は自分の気持ちに向き合って生きたからこそ、今こうやってブログに出来ているという事です。

仕事を続けるのか、転職するのか、独立するのかどんな道を選ぶのかはあなた次第ですが、自分を変えるには十分すぎるチャンスだと、ぜひプラスに考えてみてください。

ABOUT ME
長尾さん
更新中